無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg






それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
# by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)

無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg




それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
# by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)

もうすぐ40


30代最後のブログ

いよいよあと少しで39歳という歳が終わります。

この一年もいろいろありました。

39歳になって
秋田の武田くんとのクラウドファンディングが無事成功し、
5月には全国で2件目となるシェアビレッジ事業が開始しました。

6月には家守のはなちゃんが仁尾に移住し、
新しい空気が流れ出します。
そんな中7月〜9月という、フロが一番忙しいであろう時期にお店を締めるという決断をし、
初めての経験である宿泊業に専念しました。

日々訪れる、地域外からの人たちと密に触れることで
この地の良さや、逆に不便さ等を感じることができました。
また、カフェにいた時にはお会いすることのなかった地元の人たちにも
たくさん出会えた時間でもありました。

約10年、小さな町でお店をしていても
本当の意味で根ざしていたとはとても言えなかったと気づくことができました。




みとよ100年観光会議では三豊市にいる新たな仲間たちとも出会え、
会長の真鍋貴臣さんとはいろいろなお話をする関係となれました。
大阪に一緒に行ったり、九州や東京に行ったり、
二人で話す機会もたくさんいただきました。
燧さんへの出張料理人も回を重ねるごとに、スムーズに行くようになり(忘れ物はやはりありますが)
今後の課題と期待が募ります。
今年の4月にはみとよ100年観光会議を発展解散し、
貴臣さんが新しい形である「無双地図株式会社」を立ち上げ、
今後も深く関わっていくことになります。



10月後半からフロを再開し、メニューも少し改良して
より地元を感じれるお魚を使ったパスタや
地元の野菜も多用するようにしました。


同時進行で進めていた塩小屋も
協力者の方達と進め、2月に正式稼動をすることができました。
現在ではお店で使うお塩はほぼ100%父母ヶ浜の海水を使用した
自家製のお塩で賄えるようになっています。


今年に入り、より大きな変化として
KIRINさんの取り組まれている「地域創生トレーニングセンター」への
参加が決まり、三豊からほとんど出ることがない自分が
宗像、長門、東京へと出る機会をいただけました。
各地域で奮闘しているプロデューサーの方達のお話は
刺激になりつつ、自己嫌悪に陥りつつ、
でも何よりの原動力にもなっています。
今後の展開にとてもワクワクしています。




ただ誇のメンバーはそれぞれ本業が忙しいタイミングに来ており、
なかなか前のように「楽しく、ワイワイ集まる」って空気が作れていないことが
何よりもイケてない状態な事に
ようやく最近気づけました。

具体的な戦略、戦術が明確でないまま
ここまで来たツケが回ってきたように感じています。

僕のそもそもの望むものは
地域の人たちと楽しい日常を過ごす、です。

それは美味しいお酒やご飯を
楽しい仲間たちと食す、につきます。


本当に幸せなことですが
そんな仲間が今年一年でまた随分と増えました。






外に目を向けるのも大事。
夢に向かって走るのも大事。

でもやっぱり身近なところからですよね。

40歳はそこを意識していきたいと思います。

きっと40代もこうやって悩みながら、もがきながら
進むことになると思いますが、


これからもこんな不器用な自分をよろしくお願いします。



b0160785_21233990.png





楽しい、ワクワクする日常を創っていきましょう♪
[PR]
# by cafedeflots | 2017-05-05 21:29 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)

また来ます。

結局自分が求めていることは


「ごちそうさま」が聞きたくて料理人になったように


この町に来た人が「また来ます」と言ってくれるような場を

作れるかどうか。


それにつきるのだと思います。


縁もゆかりもない人たちが訪れ、


この町で暮らす人たちと出会い、語らいながら


関係を深めていく。



そして、「また来ます」と言ってくれれば


それが何よりの幸せですし、


そんな関係を横から見てても嬉しく思います。




b0160785_931160.jpg








そんな町であり続けれるよう、


そんな場を守っていけるよう



そんな笑顔を見続けれるよう、、、





b0160785_93675.jpg







守るべきものを守っていきたいです。
[PR]
# by cafedeflots | 2017-04-18 09:05 | 守りたい日常 | Comments(0)

超えるべきとき

今回の「本の会」で読むと決めた渋沢栄一さんの本を読み終わりました。


次の自分の課題はここですね。



b0160785_9274449.jpg





誇のような活動をしているとよく言われるのが


「町おこしはボランティアでしなければならない」

「金儲けを考えるな」


ということをやはりまだまだ言われてしまいます。




おそらくまだまだ「仁と義」が「利」と溶け合う形を示せてないのでしょうね。




僕自身は得た利を使って、更に勉強し、質の高いものを作り、またみんなに質の高いものを

還元できればな、という気持ちでお店を継続してきました。



「清貧」という言葉が美しい響きを持つのもわかります。


でも、松賀屋を改修したり

新しい雇用を生むためには

やはり利を求める必要があるのをわかってもらえたら嬉しいな〜って思います。


そうすれば今よりももっとたくさんの人に

質の良いものを提供できる自分になれますので。



お金は行政に、補助金にっても言われます。


でも税金を使うところはここではない、今ではないと

自分ではそう思ってしまうのです。



仁も義も利も、併せ持てる人間へ成長していけるよう、

壁を超えていきます。
[PR]
# by cafedeflots | 2017-04-02 09:41 | 守りたい日常 | Comments(0)

論より証拠

今年のテーマを決めてこテーマに沿うものをブログにしようと決めてたのですが

なかなか形にしてから、だと更新が遅くなりますね。



とりあえず今感じていることは


「一人の力は小さくて、でも一人の力は大きくて」

ということです。



一人の考えから始まったことが大きな流れになるには

やっぱりたくさんの人の支えがないと難しいです。


それでもやはり一人一人の想いがないと

それは続けていくのは難しいでしょう。



誇のメンバーは個人事業主が大半です。


一人一人の仕事が忙しくなれば

それはとても幸せなことなのですが

誇としての動きは途端にスピードが落ちてしまいます。



flotsの内容を磨き、お塩を作りだした、という結果を出すと

松賀屋への足は自然と遠のいてしまいがちです。




今までの自分の考えでは

ちょっと限界に近づいてきました。


それぐらい松賀屋の痛みも進んでいます。


同時にやはり松賀屋という【集まる場】の必要性を

日を追うごとに感じています。




ということは、考え方を変えるしかないですね。




「必要なものは必要な時にやってくる」

「すべての偶然は必然である」



そんなことを思いながら

新年度はスタートします。



さぁ、守るべきものと捨てるべきものをしっかりと選びながら

今年度も新しい道を進んでいきたいと思います!




b0160785_9553995.jpg




b0160785_9555645.jpg




b0160785_9561363.jpg




b0160785_1012686.jpg









b0160785_9585692.jpg





b0160785_1041449.jpg





b0160785_9584858.jpg






b0160785_9584072.jpg





b0160785_954633.jpg





b0160785_9554951.jpg

[PR]
# by cafedeflots | 2017-04-01 10:08 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)
もちろん始める前にいろいろと話し合い、考えたりはしています。

ただ、走り出さないと見えないことって

結構たくさんあると思います。



昨日も会話の中で「慎重なのでなかなか動けない」のようなことを

耳にしました。


これって「僕、人見知りなんですよね〜」と似ている気がします。



はたから見れば全くそんな風には見えないのに。



ちなみに僕自身も自分のことを

・慎重派な人見知りな男

って認識しているのですが、、、全くそのように見てくれない人もいます。


見てくれない人、まだまだ浪越の一面しか観れてないのかもしれませんよ〜!




っていきなり話が逸れてましたね。



今夜から、【瀬戸内0円キッチン】が始まります。


昨夜は5人の方が仕込みに参加してくれました。


b0160785_9361460.jpg



みなさん、真剣すぎて会話もなくなるぐらいでした。



ただ大半は楽しく話してましたが。


b0160785_9372882.jpg



たくさんある廃棄食材から、何ができるか真剣に思案中。



ただ大半は真剣ではなかったかもしれませんが。。。






b0160785_10122556.jpg




コマーシャル♬





b0160785_9385780.jpg



ブランデーはチェリさんから頂いたものです!



僕の目尻のシワはこんなに深かったのですね



5割ぐらいを仕込めたらいいかなぁって思ってたのですが

8割ぐらいまで仕込めました。


みなさん、本当にありがとうございました!!!




そして、この0円キッチンは想像してても予想外な事だらけでもあります。


まず、食材が何が来るのかわからない。


あの食材があればな〜って思っても買い足す事は出来ない。



そんな中でも取り組みは


一面だけ見ると大変そうでとてもする気がしないってなると思います。


ただ、その他の一面では

限られたものたちの中から新しいものを生み出す、

という想像力をもの凄く鍛えるのに向いていると感じました。



そして何より個人的に嬉しいのが


・料理に興味を持っている人に出会える!

ということです。


瀬戸内0円キッチンに関わっているメンバーは一人一人、

それぞれ解決したい課題を持っています。




僕の課題は【調理するところから関われる場作り】です。


昨日も素敵なご縁がありました。



「食」はすべての人に関わることです。


そんな「食」をキーワードに

これからも動いていけたらなと、そう思います。








p.s. 慎重派、人見知り派という自分へ
       1歩進むと、想像することなんてできない人と出会える可能性が生まれますよ。
[PR]
# by cafedeflots | 2017-03-15 10:10 | 料理 | Comments(0)

飛ぶぞ!!!


b0160785_939252.jpg





改めて言うのもなんですが・・・


僕は三豊市仁尾町でcafeをしています。

僕の生活は三豊市に住んでいると特に不便なく楽しむことができます。

10年前、お店を始めた時はKトラのガソリンを3〜4ヶ月に一度しか
給油しなくていい(約25L)ような生活をしていました。

多分この地域に住む人たちが聞いたらびっくりするような消費量と走行距離だと思います。

必要な買い物はこのエリアで揃え、

ふらりとしたい時は自転車に乗り海にいく

たまにゆっくりしたいときは近場に行きたいカフェがあり、

会いたい人たちには仕事場で会え、よく話し、

よく笑う日々を送っていました。


典型的な箱入り息子ですね!


県外に出るのは年に一度ぐらいで、

それは観光とかというものではなく、

料理の刺激を受けに「勉強」に行くという感覚でした。

真理さんと出会ってからも旅行に行く理由は

やっぱり美味しいものを食べに行く、というのが

一番の理由だったように思います。


自分の価値感の中には

「都会に行く」というのはあまり重要ではない人間なのでしょう。

必然的に【三豊市から出る】という行為があまりないのも納得がいきます。


しかし、生活のリズムが変わり、

物事の優先順位が変わり、

今の自分がしておきたいことを考えた時に

外の世界を見るということが必要であると徐々に感じ始めました。


そんなことを考えながら

2017年は外に出るぞ!って決めていました。


そしたら不思議なもので外に出るご縁をいただきました。

思考は現実化するんだなぁとしみじみ思ったりしています。


今週末、東京に行きます!



久々の東京です!



明確な目的があっての旅です!



「料理を食べに行く」ではなく「人に会いに行く」という理由で


外に出て行こうと思います。



こんな感じで今年は、更なるご縁の広がりを創っていきます。





そうなると次なる問題点は


①留守中にcafe de flotsをどのような形で営業をするのか?
          と
②無事目的地に辿り着けるのかどうか?


の二点ですね。



①は出かける度にflotsを閉めていたのでは、そもそもの生活の基盤が崩れるとともに

せっかく仁尾にまで来ていただいた方に迷惑がかかってしまいます。

この問題を解決する方法を作る必要があります。



②は旅を必要としてこなかった自分は移動手段を含め、未知なる世界だらけです。

これはまぁまぁ不安が大きな世界です。

なんせ箱入り息子なもので。

そもそも辿り着けるのだろうかという、そんな不安にも負けないよう、

経験を積んでいければ良いなと思います。



目の前に広がるご縁と掴めそうな機会を逃すことなく

前に進んで小さな結果を積み重ねていければ

きっと素敵な道が出来ていることでしょう。



その道が次のものたちに繋がるよう

自分の役目を果たしたいと思います。
[PR]
# by cafedeflots | 2017-02-27 09:44 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)
皆さんは0円キッチンって言葉を知っていますか?



宗ちゃんとはなちゃんが食料廃棄を何とか解決したいという話を以前からしていました。

構想や妄想はあれど、どこから、何をしていいのかわからない状態が続いていたようです。



話を聞いていたら、

「それってみんなの想いと強みがあれば、あとは料理人がいればすぐにでもできるんじゃない?」

と思ったので提案したら

あれよあれよとすぐにやってみよう!という流れになりました。



b0160785_974437.jpg



まずはもう廃棄する食材を持ってきてもらいました。


さて、このこたちをフル活用し、メニューを考えるのは・・・


こういった流れでメニューを考えたことがなかったので

大変でしたが、良い頭の体操になった気がします。
(仕込みの流れはFBへどうぞ)

もちろん手探り状態で始めたものですから想像以上に負担のかかる部分はありましたが

その都度、対策を考えながら

とりあえず初日メニュー構想、二日目仕込み、三日目仕上げの流れで

このような料理たちができました。



b0160785_981927.jpg




b0160785_983839.jpg




b0160785_975545.jpg

良い笑顔ですねw





んで、みんなで「いただきます!」




b0160785_9171989.jpg





このように形にしてしまえば

何が足りなくて、どうしなきゃいけないかが見えてきます。



自分ひとりでだとできないことも

この人がいれば出来るかも、ってことを考えてみるといいのではないでしょうか?



例えば今回は自分一人で調理しましたが


b0160785_98431.jpg




b0160785_982736.jpg




この時にひとりでも二人でもお手伝いしてくれる人がいたら

僕の負担は半減します。


「手伝いたい!」とか

「どんな調理をしているのか見てみたい(習いたい)!」


っていう義務感ではなく、ワクワクで参加してくれる人を募集です。



あと、僕のポジションをしてくれる料理人がいれば


さらに面白い展開が期待できます。



今回のメニューは割と大人向けだったような気がするので


これからはある程度、ターゲットを決めてのメニュー構想もしたいです。




こんなことを宗ちゃんに考えて!っていうのは酷なものです。



宗ちゃんは大きく企画してあとは



b0160785_963290.jpg




楽しく食べてたらいいのです(笑)





みんなそれぞれ得手不得手がある中で

うまく繋がっていけばいいだけのことだと思います。



そこに身分の上や下やみたいな

支配するやされるみたいな

そんな関係ではない、


同じ食卓を囲む家族のような関係を創れる場を目指せれたなら


きっとこの取り組みは続けていけると思いました。




とゆーことで、次回の細かい内容は宗ちゃんに振りましたので


今後の展開をこうご期待!!!
[PR]
# by cafedeflots | 2017-02-16 09:41 | 目指すもの | Comments(0)

お志事


全体と部分と



自分という個を考えるとき、必ず他者という比べるものが存在します。

そんな中で自分の役割は?ということを最近よく考えています。


昔は他者と自分を比べて羨んだり、落ち込んだりすることが多々あったのですが

最近は割と冷静に物事を考えれるようになっています。


そんな中で個を最大限に活かしつつ、

全体としての部分になることの大切さに気づきだしてもいます。


我のため、我のためってガツガツすることなく、

かといって我のためをおろそかにするのではなく、

この両方を行ったり来たりしながら

この土地、この時代に合った役割を

考えたりしています。



誇、松賀屋をどうしたらいいのか?って考えながら

この町のどんな機能を担えばいいのか?を考える。


flotsをどんなお店にすればいいのか?って考えながら
海沿いの飲食店としてどうすればいいのか?って考える。


このわがままな個性を尊重しながら

どんな役割でこの場所に存在するのか?


そんなことを考えています。



理想の状態から現実の状態を俯瞰して

足りないギャップを埋めるために

今できていないところをちょっとずつ進めていくだけ

それだけで理想の未来への道は開けてくると実感しています。

一歩進んだだけで理想への道が開けて見え

予期せぬ道が現れてきています。


あなたの行きたいと願っている道の途中で

出会い、影響し合えることを楽しみにしています。





この町が循環を生むには?




そんなことを考えています。





b0160785_9154557.jpg





羽ばたけなくても、くさくさすることなく、ぴよぴよ進みます!
[PR]
# by cafedeflots | 2017-01-29 09:40 | お仕事 | Comments(0)