仁尾町の海辺にあるcafe店主(現在休職中)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots

新しい想い・・・

先日松賀屋で初となるライブがありました。



歌ってくれたのは仁尾町出身の藤岡友香ちゃんです。



b0160785_9204682.jpg






友香ちゃんも生まれ育ったこの町をとても愛しています。



もちろん仁尾の歌もあり、面白い歌詞にもなっているので皆さんにも聞いて欲しいです。



この町で生まれ育ち、海外に歌を学びに行き、一度は仁尾に帰ってきましたが



より高みを目指し、今はこの町を離れて活動をしています。




たとえ離れていてもこの町のことを気にかけてくれ


今回も「自分の歌で協力できることはないでしょうか?」と話をいただき、



松賀屋修繕費を得るためのチャリティーコンサートをするという流れになりました。








今回のこのライブも大成功に終わったのですが、その裏側には色々なことがありました。




結局のところは人とどれだけ繋がれるのか、ということにつきました。




告知に関してもFBしか手段のなかった僕たちの、力の及ばないところを



近所の方達の口コミのおかげでたくさんの人に情報が届き、訪れてくれました。



座布団や椅子などの足りないものも、近所の方が寄付をしてくれ



当日のスタッフに関しても



なんと宿泊に来ている村民の子達が率先して掃除からドリンクのお運びから



おまけに手が空いたからと、庭の草抜きまでしてくれました。




そしてもちろん何よりこういったイベントに足を運んでくれる皆さんのおかげで



全てが成り立っています。




嬉しそうに曲を聴く人、



真剣に見つめる人、



始まった瞬間から涙する人、



曲とともに体が踊る人、



そんなみんながいるおかげで



この松賀屋に想いが積み重ねられていきます。






僕はそんなみんなの想いをちょっとずつ繋げていっているだけにしか過ぎません。




でもそんな小さな力でも、なければ何も動き出さなかったりします。



自分一人の力は小さい、でも必要



そんなことを最近よく思います。



過小評価することなく、おごることなく



その中で精一杯の力を出せるように。




友香ちゃんの「Don't give up」の曲を聴いた時



涙が流れそうになりました。



どんな困難な状況になったとしても



諦めない!という強い心を持ち続けようと思えました。



諦めなければそれでいいのだと。


















翌日、四国新聞さんありがとうございます。


b0160785_1119368.jpg








そしてFM香川さんの「藤岡友香の元気はキから!」の新コーナー

《若者よ立ち上がれ!Welcome Mr.町おこし》に

出演させていただきました。

放送は10月1日 20:25からとなります!

b0160785_11201736.jpg

[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-27 11:24 | イベント♪ | Comments(1)

第二回寄合

ちょっとブログがあきました。

この二日間イベントラッシュ、無事終了しました。



それぞれ、満足のいく内容で終わることができました。



まずは昨日行われた「第二回寄合」です。






b0160785_1931290.jpg






誇のメンバーを入れると40名近い方が集まってくれました。





b0160785_196169.jpg







第一回の反省を活かしつつ、季節の趣向を凝らしてみました。



b0160785_1961236.jpg

まずは栗ご飯









続いて




b0160785_2015438.jpg








b0160785_20151854.jpg







b0160785_20152685.jpg


竹を使った熱燗やグラス作成









他には




b0160785_20203142.jpg







b0160785_20204054.jpg




女性陣によるお団子作り









牟礼のクリエイターによる作品♪


b0160785_20204961.jpg














b0160785_2022733.jpg


地元おかーんズにもたくさん協力していただきました。





今回特に嬉しかったのが


村民じゃない方たちの参加が多かったことです。




「【寄合】は村民の資格がないと参加できないのですか?」


という質問をよく受けます。




もちろん、そんなことはなく


寄合に参加して誇が、松賀屋が、シェアビレッジがどんなことをしているのかを


知っていただける良い機会になると思います。



お気軽に参加して、楽しい繋がりを創っていきたいと願います。





それともう一つ、東京から里帰りをした村民が


急遽参加してくれたことです。




22歳の男の子だったのですが、全くノープランでシェアビレッジ仁尾のみを目指して


里帰りしてくれました。



世代を超え、性別を超え、地域を超え



少しずつ繋がりが創り続けていけていること嬉しく思います!









もちろん定番のBBQもありました。




b0160785_2042794.jpg


















若大将もご満悦の秋の夜でした♪

b0160785_20421688.jpg




サンマの写真を撮り忘れていることだけが心残りでしたね。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-25 20:45 | イベント♪ | Comments(0)

ここにあるもので!

明日の寄合を盛り上げるために


何か土地のものを使いたいな〜っと考えてる中で


仲良くなったおじさんが素敵な案を授けてくれました♪




三豊市には沢山の竹があります。


ちょっとやそっとではなくならないほど山を食いつぶしていく勢いで広がっています。



これが遊び道具になれば!!!




そんな気持ちで竹さんとの触れ合いを作ってみます。





しかし、年配の方は楽しみ方を沢山知っているなぁと



つくづく感じることができました。



逆に言えば自分たちの世代は遊ぶことといえば



与えられたものの中で遊ぶことが多かったように思います。



これからは自分たちで遊びを創造していけるような癖を


どんどんつけていきたいと思いました。




b0160785_2340824.jpg





ただ一つ難点なのは



男の遊び道具は奥様にとっては【大量のゴミ】に映ってしまうようです。



どうやらそれは大多数の家庭で言われていることが



なんとなくわかってきました。




ゴミじゃないのよ、宝物なのよ〜!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-24 00:01 | イベント♪ | Comments(0)

季節を思い出すもの

空気の匂いであったり、


海の色であったり、


山の近さであったり


虫の声であったり、



旬の味であったり、




五感により季節を思い出せることがたくさんあります。





今日、夜に松賀屋に訪れると彼岸花が生けてありました。





b0160785_22492656.jpg





きっとこのお花を持ってきてくれたのは近所に住むあのおっちゃんだろうなぁと思いながら



はなちゃんに聞いてみると、やはり想像通りのおっちゃんでした。






僕の中で「彼岸花」を見ただけで



季節と近所のおっちゃんの顔が思い浮かぶ




そんな日常が愛おしくもあります。





わずか3ヶ月でありましたがフロを離れ、松賀屋をメインに動くことにより



今までにはなかった繋がりをたくさん作ることができました。




はなちゃんにもお花が届いたり、お菓子が届いたり、情報が届いたりと



この地にだいぶ受け入れられだしたことを感じています。





今日は久しぶりにフロのキッチンに立ち、全力で料理に打ち込んだ時間を過ごすことができ



メンバーからもしっくりくるなぁと言われました。





夜のヨガでいつも来てくれる人たちの顔を見、



宿泊された村民とはなちゃんが座禅に行き、



その後にこの時間までゆっくりとお互いの活動について話し合う時間を共有していく中で



まちの活性化以前に、自分の活性化をしているのだなと思えました。






でも結局はそういうことですよね。




大切なのは人ありきです。



一人ひとりが活性していけば、自然とまちも活性していくでしょう。





その活性に共鳴する人たちがどれだけいるのか?




そんな人たちと季節感が伝わるようなことを考えていきたいものです。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-23 08:16 | 守りたい日常 | Comments(0)

まちの灯り・・・

過疎化が進む町ではどんどんまちの灯りが消えていってます。


そんな中、新しく一軒の建物から灯りが。





b0160785_1291725.jpg








平石堂で経験を積んだ吉田屋さんが人形まつりの3日間プレオープンしていました。



あ、ちなみに吉田屋さんは同級生です。




彼女の予想をはるかに上回るお客さんが訪れてくれたようです。


彼女も嬉しい悲鳴と呼ばれる経験をしたんだなぁとしみじみ思いました。



こんな過疎化の進む町で起業するということは、他人にはどのように映るのだろうか?









この町に住みたいと言ってくれる人は意外と目にすることが多いです。



しかし、大きな壁がいくつかあるようです。それは・・・



・仕事があるのか?


・住む家があるのか?


・地域の人との付き合いができるのか?


・子供の教育環境はどうなのか?



この4つは大体聞かれます。




それぞれの問いに対しての良い、悪いの判断はその人たちの価値観によって違うので



正解なんてないですが、とりあえず僕が思うのは






あなたがこの町で実現したい夢はありますか?と聞いてみたいです。





人口6千人を切る小さな町です。



空き家はたくさんあります。


閉ざされた地形なので独特の文化はあります。


自然から学べることはたくさんあります。



この町があなたに何を与えてくれるのか?と考えるのはもちろんですが



自分はこの町で何を叶えることができるのか?



そう考えてみるのも面白いと思います。






カフェがなく、あったらいいなと思えば創ればいいし、



Barが欲しいなら創ればいいし、


どんな娯楽を創れば楽しくなるのか、


どんなコミュニティースペースがあれば楽しくなるのか、



そんな場所を自分で創るのは無理だ!っと思うのならば



そんな場所を創りたいという人を応援すればいいだけです。





どんな人間関係を創ればこの町で楽しく活きていけるのか?




そんな問いに対する答えを一緒に考えていきたいです。










吉田屋さんが起業に至ったことが本当に嬉しいですし、


これからどのようなお店にしていきたいかを考える時に


少しでも力になれるようになりたいです。





夢を形にしたら、今度はそれを続けていくことにも大変な労力がいります。



独りで頑張り続ける、、、という経験ももちろん必要なのですが


その先には楽しみは少ないかもしれません。




そんな時に「助け合える関係を築いていく仲間ができる」という行為が



実は人生のゴールなのかもしれません。





あなたとそんな関係を目指したいです。




僕の求めているゴールはどうやらその関係みたいですね。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-21 12:49 | 守りたい日常 | Comments(0)

お誕生日おめでとう

b0160785_23421041.jpg

(6月にあかねちゃんに撮ってもらった写真です)



cafe de flotsを知る人であれば美知子さんの存在を知っている人は多いでしょうか。




本日9月19日は母、美知子さんの誕生日でした。



いつもいつも無理難題、無茶振りばかりをする息子でしたが


結局こんな歳になってもその関係は変わらずにきてしまってます。




もちろん、母がいなければ今の自分は生まれてませんし、


この母でなければ今の自分という人間にも育たなかったでしょう。



それぐらい影響を受けてしまっている自覚があります。




お店を始めるまでは母という感覚が強かったのですが


flotsをしだしてからは人前では「美知子さん」と呼ぶようになっています。


それからは親というよりは



なんと言ったらいいのか・・・・




面白い友人のような関係になっています。




何かと知識は豊富だし、


若い世代にもあっさり入っていく性格は見事だし、



人生の疑問のような問いにもちゃんと答えてくれるし、



何より楽観的な人なので学ぶべきところが多いです。




誕生日には一体いつまで迷惑をかけてしまうのだろうかと毎年思っているのですが



結局今年も同じように思ってしまいました。



心の中では「精一杯楽しんでほしい」と願ってはいるのですが


なかなか、満足のいく状態には持っていけないものです。





まぁ、「楽をしてほしい」とは考えていないので



こういった関係になるのは仕方がないのかな。。。と







しんどい想いをするのに集まってくれる仲間たちの中に、


そんな自分の大好きな友達の輪の中に自然に入ってくる美知子さん




そして受け入れてくれる友達




そんな輪を広げていきたいという想いをなんとなく感じ取ってくれているのでしょうか。






それとも決して楽なことが幸せでないとどこかで思っているんでしょうか。





そんなめんどい自分にいつも付き合ってくれてありがとう。



誕生日おめでとう。






これからもどうぞよろしくお願いいたします。
















「まだせなあかんのな!」




そんな声が聞こえてきそうです。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-20 03:03 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)

どうありたいか?

自分がどんな風に生きたいのか?



お手本のような人はいるのだろうか?



僕の憧れる人たちというのは「サムライ」と呼ばれるような



生き方をした人が多いようです。



物事を考えている時に、そのサムライたちが



どのような発言をするのか、自分でも楽しんでいるところがあります。




と言っても憧れるている人物はたくさんいるので



なかなかまとまらずに、時に喧嘩をしたりしています。



分かりにくい表現をつらつら並べてしまうところは



まだまだ定まっていないところが多いのでしょうね。



いろんなことが間に合っていない人生ですが



それでも楽しくは考えれています。




人形まつりも残すところあと1日です。





b0160785_2231745.jpg



このご飯にありつけるのもあと1日となりました。



天気の影響により、本日の人形まつりは13時までとなっています。





松賀屋、平石堂はもう少し開いていると思いますが



みなさま、無理をしないようにしてください。





そして、ご飯の置く位置がバラバラなのは


急いで写真を撮ったことを少し後悔する瞬間でもあります。




焦っていても大切なことを見失わないようにしないといけませんね。






どうありたいのか・・・?



その答えが見えにくい、分かりにくいこともたくさんありますが


自分の気持ちに嘘をつくことなく進んでいきたいです。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-19 03:20 | | Comments(0)

人形まつり1日目終了

b0160785_053881.jpg




何事もなく1日目が終了しました。


懸念していた点も幾つかあったのですが


いろいろな方の協力のおかげで乗り越えることができました。




懐かしい方に会えたり、予期せぬ方に会えたり、



実りのある1日でした。






・・・が、やはりどこか寂しい想いの残る1日でもありました。



その理由はわかっているのですが、



なかなか踏み込むことができない自分がいます。



3年目の人形まつりで強く感じたこの想いは


乗り越えなければならない問題のようです。





表面的な結果ではなく、



ちゃんと後に繋がっていくよう



なぜ今ここにいて



これをしているのかを



しっかり考えたいと思いました。



やりたいことは尽きないなぁ。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-18 04:05 | | Comments(0)

写真のない1日

基本的にブログには写真を貼り付けるようにしています。


でも今日はバタバタしすぎて写真を撮るということができませんでした。



おまけにまだ仕事も終わりきってないという。。。


こんな日があってもいいかなって今は思います。




完璧を目指そうとすると足りないことだらけです。



できる限りのことはやはりやっておかないと気が済まない性分なので



これは良いストレスだと捉えれています。




みんなから見たら赤点かもしれませんが、


精一杯自分なりの100点を目指していきます。





去年の人形まつりの時期もこうだったな。。。



でも今年は「はな」という新しい仲間が平石堂を開けてくれるというだけで



少しは成長できたのかなとも思います。




課題である、プレイヤーから離れるというのは


やはりまだまだ及んでいない自分がいますので


100点にはほど遠いですが、来年にはモチッとでも


成長できている自分であるように。




来年のことを言ってたら鬼が笑いますね。



今何ができるかに集中します。



そして、この三日間の人形まつりにたくさんの人が仁尾に訪れることを願います。




平石堂でははなちゃんが、


松賀屋では浪越が、



あなたに会えるのを楽しみにお待ちしています!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-17 00:52 | | Comments(0)

助けられる毎日です。

今日は自治会の人たちがたくさん松賀屋に訪れてくれました。



今まではどちらかというと、あまり地域の人たちと交流は少なかったです。



僕たちのやっていることに興味のある方だけがリピーターとなり


手伝いをし合いながら進んできました。



どうやら次のステップに登れたようです。




松賀屋のある自治会(中津賀)の自治会長さんともお話をし、


回覧板を回していただき、本日20名ほどの方が松賀屋まで足を運んでくれました。





80歳を超えるおばあちゃんの昔話は興味深かったし、


当時のこの地域の賑わいを懐かしそうに話してくれました。





商店がたくさんあったこと



どこそこのお嫁さんが綺麗だったこと



仁尾の砂浜が今よりももっと綺麗だったこと


地域の集まりで夜通し飲み騒いでいたこと


まつりの賑わい・・・・・・・・





みんなそれぞれ【懐かしい】と感じる思い出をたくさん話してくれました。




あなたの年齢にもよりますが、




〜懐かしい〜


そう感じるものが心の中にどれぐらいありますか?




この懐かしいという感覚は時が過ぎ去った後ではいくらお金があっても買うことはできないと思います。



僕はこの懐かしいと思える出来事がどれだけあるかが


人生を終わる時の満足度につながるような気がしてなりません。




お金がないからできないとか



体が不自由だからできないとか



仕事が忙しいからできないとか



まぁ言い訳はいくらでもできるのですが


その状態でも自分が能動的に、これがしたい!!!っと思えることに


どれだけ時間と体力と知恵を使えたかが



その満足度につながるような気がします。




その中でどれだけの人と、どれだけの想いを共有できたのか?




たくさんの人との出会いの中で


こんな風に思えるようになってきた今日この頃です。





僕はたくさんの人と、この松賀屋で思い出を創っていきたいんだなぁって




元気なおばあちゃんの話を聞きながら


整理することができました。


b0160785_1735273.jpg








なのでこれからもたくさんの人と


楽しい記憶も


苦しい記憶も


この松賀屋で生み出していきたいと思います。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-09-15 17:38 | 守りたい日常 | Comments(0)