「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

久しぶりに・・・

この町にも雨が降りました。


山を越えたところでは雨が降っていても仁尾では降っていないことがよくあります。



農家さんは一安心できたかな?




そして松賀屋に行ってみると、、、



雨風の影響で破壊されている箇所がありました。。。



それぐらい松賀屋の状態はよろしくないです。



順調に進んでいるように見えるところもありますが



一進一退といった感じです。



これから冬が来て風が強くなった時も心配する部分が色々とありますが



その都度、対応していけるようにしたいです。






雨が降った後、空気が澄んだ中で見る瀬戸内海が好きなのですが




今日は冬の顔のように高い波が迫ってきていました。



b0160785_19411688.jpg






やはり美しい景色でした。



凪の日もあれば嵐の日もある。




どのような環境であってもそれを感じれる精神状態でいたいものですね。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-29 19:54 | 守りたい日常 | Comments(0)

カシボニさん♪

今日は『Cassia Bonita』(カシアボニータ)の博子さん(通称ボニさん)とのコラボイベントでした。





b0160785_21453330.jpg

(ピンクな後姿がボニさん♪)





っと言ってもほとんどをボニさんに頼ってしまいましたが。。。






本当に頼りになるアネさんです。






素敵な人の周りには素敵な人たちが集まる



類は友を呼ぶ




今日もたくさんの面白い出会いがありました。




先日、メンズヨガに来てくれてた若者であったり、



仲間の旦那さんのお友達であったり、



お久しぶりに会う素敵女子さんたちだったり、




何年ぶりに自転車を出してきたの?っていう人であったりw






ボニさんが企画をしてくれたおかげで今までにきっとなかった光景と繋がりが



松賀屋に現れました。





b0160785_21472052.jpg





おそらく松賀屋の壁際にこんな光景が現れたことはなかったでしょう。





そして松賀屋といえば「お塩」で栄えたということで考えられた塩づくしのおもてなし。



塩麹ドックに


塩レモンスカッシュ


塩タルトに塩ジェラート



そして台風さえやってこないボニさんの晴れ女っぷり
(ボニさんのイベントで雨が降ったことを見たことがない)




いつもと違う雰囲気の松賀屋で話される会話はやはりいつもとは違う内容でした。



それでも共通しているのは、みんな前向きで楽しい話をするということ



そして美味しい食べ物と、仲間の笑顔



やはりこの二点は僕の人生には必須であると再確認できました。






何のために仕事をしているのか?




そんな問いが頭の中に生まれて、


「たくさんの人たちの笑顔を見るため」


という答えがすぐに出てきました。





先日の平石堂での「BAR・Mare(マーレ)」さん、


そしていつもお世話になってる「ちぇりっ酒堂」さんにしてもそう。



その人たちに会うために、遠いところからわざわざ駆けつける仲間たちがいる。



その人の行動に共感し、応援したいから集まる仲間たちがいる。




そして何とも言えない笑顔が交わる瞬間、、、



それはやはり人生において、何よりの幸せなことだと思うのです。









b0160785_21382418.jpg

※全員ではないのと家守はなちゃんが写ってないのが残念でした。





こんな笑顔をこれからもできる限り広げていきます。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-28 22:13 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)

まだ見ぬ景色

b0160785_12224365.jpg



ちょっと普段は通ったことのない道を通ると面白い景色に出会えたりします。



仁尾町という小さな町なのに、まだまだ通ったことがない道はたくさんありそうです。



海には海の、山には山の日常が溶け出し、そこで暮らす人々の生活が



軒先に置かれた道具たちによって彩られたりしています。



ちなみに僕の家の前には海遊びのものが置かれていたりします。




初めて通る、まだ見ぬ景色のように


こんな小さな町にいても、


まだ知らない人、話したことない人、話したことがある人でもそこまでお互いのことを知らない人、、、



まだまだ知っていないことはたくさんあるんでしょうね。




どれだけの魅力に出会え、気づくことができるのか。




何気なく暮らしていると素通りしてきたことがたくさんあったようです。



一つずつもう一度丁寧に触れていきたいと思えました。



その中で今自分が出来るであろうことに集中していきます。










そして松賀屋が、



そんな魅力たちが集まる場所となるように



ちょっとずつではありますが、進めていきたいと思います。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-27 12:46 | 守りたい日常 | Comments(0)

善意の木

すくすくと育っています。





b0160785_12473422.jpg





去年の台風により倒壊した壁を修復するために必要な修繕見積りは300万円でした。



そんなお金を誇が用意できるわけもなく、考えた末に


「一口3000円でマキの株を買ってもらい、植栽をしよう!」ということになりました。



たくさんの方たちの善意により、植栽に必要な資金が集まりました。



そして更に、苗を植えることまで半数近くの人たちが協力してくれ




予定の半分の時間で全ての木を植えることができました。







b0160785_1251064.jpg





b0160785_1251347.jpg





その長さ、約35メートル。



僕は勝手に「善意の木」と呼んでいるのですが



この木に水やりをしている時にみんなの顔が浮かびます。



嬉しそうに苗を運んでいた子供達の顔やみんなの笑顔が浮かびます。




この木の成長を楽しみにしてると言ってくれた子供達のことを思い出すと



枯らすわけにはいけないという気持ちも湧いてきます。




この木を、松賀屋を守ってくださいねと言ってくれた方たちの顔を思い出すと



辛い時も乗り越えれています。




こんな関係をもっともっと広げていければ、松賀屋を残すことが


できるのではないかなと思ってしまいます。




僕らだけで守っているんじゃないと、心強く思えます。





なぜ、こんなにも松賀屋を残したいのか、、、、




それはこの建物が離れがちになっている地域の関係や文化を



残してくれる存在になるのではないかと感じているからです。





今日も今後行うイベントの話を地域の人たちとしてきました。




イベント毎に収益を考えることも大切ですが、



何よりも信頼関係を築くことができるかどうかが判断基準となります。





この町でこれからも暮らしていくことがどんどん楽しくなるように



この町に関わることが楽しいと感じてもらえるために




精一杯頑張りますね、と




善意の木に話しかけながら今日も水やりをしたいと思います。






b0160785_1683273.jpg








今日も仁尾はカンカン照りです!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-26 16:11 | 守りたい日常 | Comments(0)

成長と、出会いと

こんなにしっかりしてきました。








b0160785_23345960.jpg










一人でひっくり返ることもできだしました。







b0160785_23351859.jpg









何かを発見することも







b0160785_23352959.jpg








時にすれ違うこともあるけれど






b0160785_23354215.jpg











きっとまた出会えることができるでしょう








b0160785_23354854.jpg















あなたとの距離を縮めたいと思っています。




b0160785_23355593.jpg











日々成長している我が子を見て、



しっかりせにゃいかんな〜とつくづく思う毎日です。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-25 23:47 | プライベート☆ | Comments(0)

友情?


b0160785_21502250.jpg



親子以上に歳の離れた二人ですが、この関係は何に当たるのでしょうか?




今日は竜の鱗作りでお世話になったみつるさんに家守はなちゃんとお礼を言いに行ってきました。



6月に仁尾に移り住んだはなちゃんはこの3ヶ月で仁尾近辺をかなり探索しています。



それなのにまだココに来たことがないということで三人で行ってきました。




b0160785_21541094.jpg





この場所に行く途中何度も「うわ〜、うわ〜」というはなちゃん、


現場についてもしばらくは興奮気味のようでした。



そして、この場所でしばらくの間、三人で話をしました。






b0160785_21575689.jpg





b0160785_21581011.jpg





b0160785_2158208.jpg





こういった場所で日が暮れるまで話ができるということは贅沢だなぁと感じながら、



それぞれの世代、それぞれの考えを話し合えました。






そしてこんな場所にもみかん畑を切り開いてきた曽保地区の先人たちの力強さに



自分が何もできていないことを痛感する時間でもありました。




ないものねだりをすることはあまり良くないとわかっていながらも



まだまだ自分が何も出来ていないことに落ち込んだりします。





雄大な自然と、偉大な先人たちの生業に



小さな自分を発見する機会となりました。



もっともっと全力を出せるように、、、



見直すべきところを見つめれた、良い時間となりました。




そして、この歳の離れた関係、、、友情なのか何なのかはまだ言葉ではうまく表現できませんが



いつまでもどこまでも続いていけるように



感謝と尊重をしていきたいと思いました。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-24 22:16 | 守りたい日常 | Comments(0)

簡単な業務

毎日、少しずつでいいから草抜きをする。



これって簡単な業務のように思います。



なので毎日、少しでも続けています。



毎日ヨガをする。



これはちょっとサボり気味になってしまってます(住んでいる部屋の暑さを言い訳にして)



ちょっと今の自分にはハードルが高いのでしょう。


週一に留めておきます。





話は逸れましたが、草抜きと言っても松賀屋の草抜きは油断をするとえらいことになります。





b0160785_13111742.jpg




こんなに広いので・・・・(奥にまだ広場があります)




なのでちょこちょこやってたら、そこまでヨイショはいらないのですが


溜まってしまったら何から手をつけていいのかわからなくなります。




目標までの1歩もきっとそういうことなんでしょうね。



小さなことを地道にコツコツ行う気持ちが大切なんだと思います。




2段とび、3段跳びで結果を求めるから大概がダメになるのでしょう。




地道な活動を笑うことなく、続けていきましょうね。







b0160785_13112792.jpg




庭にあるこの木は「いちじくじゃないでしょうか」と


この前来られた方がおっしゃってました。




すでに枯れているのに、君の存在感はすごいね!



どれだけの年月を過ごしてきたのかはわからないけど



もう少しココにいて松賀屋に来る人を見ててくれるかな。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-23 13:23 | お仕事 | Comments(0)

約2ヶ月・・・

ようやく松賀屋での生活が日常になってきています。



毎日雨戸を開け、花に水をやり、風を感じ、風鈴の音の聞きながら仕事をしています。



その日その日にものを生み出し、それに対する対価をいただくという飲食店とは全く違うこの世界。


一日中、新しい音楽が流れているカフェという店内とは違ったこの世界。


クーラーも電気製品も少ないこの世界。


毎日違う顔を見せる海と夕日を見ながらとはまた違う贅沢さのあるこの世界。




この世界で人に笑顔や楽しみを提供できる方法は何があるのか?



日々の大半、そのことを考えています。




たくさんの可能性がある中で



本当にこの地域、この時代だからこそしたいこと



それをはっきり決めなければいけません。




夢物語で終わることなく、しっかりと地に足をつけること



簡単なようで、難しく考えてしまっているのかもしれませんね。




その夢に到達するには、まず何をしていないといけないのか、



それを見落とさないように気をつけたいと思います。



b0160785_14124212.jpg







めだかさんのお世話も忘れないようにしないといけませんね。



やるべきことをちゃんとやれるようにします!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-22 14:16 | 守りたい日常 | Comments(0)

想いの温度

古木里庫さんでかまど作りのワークショップが行われています。



b0160785_125243.jpg






講師の方をお呼びして、一般参加者の方たちと作成しています。




b0160785_1264561.jpg




b0160785_12623100.jpg






みなさん、それぞれの持ち場で真剣に行ってました。



真剣の中にも和気あいあいとした空気が流れていました。




おそらくプロの方が作るのと比べると出来上がりのクオリティは低くなると思いますが



想いの温度はしっかりとこもっていると思います。


(※職人さんに温度がないと言っているのではないです!!!ご注意ください)





何が違うのか、、、



損得関係を抜きにした、好き同士が集まった場には強い想いが生まれます。



そこから生み出された空気感と物質には確かな温度があります。



その温度を物語として残した時に、温度が高ければ


それだけ永く残っていくものになると思います。




どれだけの人に共感を与え、関わりたいと感じてもらえるのか。。。










b0160785_12201499.jpg





松賀屋のかまどもできることなら、たくさんの人たちとの関わりの中から



復活していければなと、、、そう思いました。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-21 12:23 | 目指すもの | Comments(0)

物の価値

皆さんは物の価値をどのように判断していますか?


値段を見て?


誰かが言っているのを聞いて?



自分で触れてみて?




自分の得意な分野であればある程度の目利きはできると思います。



しかし、全くの素人であれば、なかなか判断がつきにくいと思います。



それではどうしたらいいのか?




                                  
いいものに触れているしかないかな。



それが難しいなら、やはり詳しい人を探すしかないですね。



先日来られたお客さんは庭の石を見て「すごいな〜!」って感動してくれてました。





b0160785_14381040.jpg

                                    




もちろん僕は何がすごいかわかりません!




でも目を光らせて眺めている姿を見ると、よっぽど興味に触れるものなんだということはわかります。





何が言いたいのかというと、



自分では宝物と思っているものでも人から見たらガラクタなものというのもあります。



逆にガラクタと思っていたものが宝物だったりもします。




松賀屋の状態をお化け屋敷という人もいれば



豪邸やな〜って言ってくれる人もいます。




それであればいい風に捉えましょう。




この状態の松賀屋だから、、、、って考えればいいだけです。



この状態だから良いって捉え、物語を創っていきましょう。



たくさんの物語を創っていく可能性に溢れています。




今の時代の、この状態に魅力を感じる人たちと


この場所を守っていければと思います。










あなたはこの場所に惹かれるのでしょうか?
[PR]
# by cafedeflots | 2016-08-20 15:20 | お仕事 | Comments(0)