仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

飛ぶぞ!!!


b0160785_939252.jpg





改めて言うのもなんですが・・・


僕は三豊市仁尾町でcafeをしています。

僕の生活は三豊市に住んでいると特に不便なく楽しむことができます。

10年前、お店を始めた時はKトラのガソリンを3〜4ヶ月に一度しか
給油しなくていい(約25L)ような生活をしていました。

多分この地域に住む人たちが聞いたらびっくりするような消費量と走行距離だと思います。

必要な買い物はこのエリアで揃え、

ふらりとしたい時は自転車に乗り海にいく

たまにゆっくりしたいときは近場に行きたいカフェがあり、

会いたい人たちには仕事場で会え、よく話し、

よく笑う日々を送っていました。


典型的な箱入り息子ですね!


県外に出るのは年に一度ぐらいで、

それは観光とかというものではなく、

料理の刺激を受けに「勉強」に行くという感覚でした。

真理さんと出会ってからも旅行に行く理由は

やっぱり美味しいものを食べに行く、というのが

一番の理由だったように思います。


自分の価値感の中には

「都会に行く」というのはあまり重要ではない人間なのでしょう。

必然的に【三豊市から出る】という行為があまりないのも納得がいきます。


しかし、生活のリズムが変わり、

物事の優先順位が変わり、

今の自分がしておきたいことを考えた時に

外の世界を見るということが必要であると徐々に感じ始めました。


そんなことを考えながら

2017年は外に出るぞ!って決めていました。


そしたら不思議なもので外に出るご縁をいただきました。

思考は現実化するんだなぁとしみじみ思ったりしています。


今週末、東京に行きます!



久々の東京です!



明確な目的があっての旅です!



「料理を食べに行く」ではなく「人に会いに行く」という理由で


外に出て行こうと思います。



こんな感じで今年は、更なるご縁の広がりを創っていきます。





そうなると次なる問題点は


①留守中にcafe de flotsをどのような形で営業をするのか?
          と
②無事目的地に辿り着けるのかどうか?


の二点ですね。



①は出かける度にflotsを閉めていたのでは、そもそもの生活の基盤が崩れるとともに

せっかく仁尾にまで来ていただいた方に迷惑がかかってしまいます。

この問題を解決する方法を作る必要があります。



②は旅を必要としてこなかった自分は移動手段を含め、未知なる世界だらけです。

これはまぁまぁ不安が大きな世界です。

なんせ箱入り息子なもので。

そもそも辿り着けるのだろうかという、そんな不安にも負けないよう、

経験を積んでいければ良いなと思います。



目の前に広がるご縁と掴めそうな機会を逃すことなく

前に進んで小さな結果を積み重ねていければ

きっと素敵な道が出来ていることでしょう。



その道が次のものたちに繋がるよう

自分の役目を果たしたいと思います。
[PR]
by cafedeflots | 2017-02-27 09:44 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)