仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

尾道編最終

b0160785_10210804.jpg

朝は尾崎漁港にて朝食のトライアルから始まりました。



b0160785_10230185.jpg

b0160785_10230679.jpg



b0160785_10232387.jpg


やはり漁港で食べる朝食はいいですね。

これは是非三豊でもしたいと思うのですが、なかなか形にできていないのが現状です。


お魚を見れる→買える→捌いてもらえる(捌き方教室)


ここまでは三豊でも朝市の時はできます。


その後の調理、食べる。の部分をどのような形にすれば

持続可能な食卓を作ることができるのか。。。



一度、お弁当を作った時は想像以上に大変だったのと

ライブ感が弱かったため、それ以降進んでいない状況です。



誰が、どのように、のところを詰めて考える必要があります。






お腹も膨れたところで「ONOMICHI SHARE」 にて2回目のトレセン会議



尾道市長から、尾道の現状をとてもわかりやすく説明していただきました。




b0160785_10225319.jpg


何よりも、地元プレイヤーとの関係性がとてもしっかりとできていると感じました。


それぞれ協力できるところはする、というのがとても明確になっている、理想的な形ではないかと。



もちろん計画通りにいかないことなんてたくさんあるでしょうが、

その中で切磋琢磨している姿が「街の在り方」だなと勉強になりました。





そして今回の尾道〜三豊トレセンの目玉の一つ


【尾道から三豊に船で渡る】

尾道から三豊に移動するとなるとしまなみ海道か瀬戸大橋か、ってなると思うのですが
トレセンは新しい価値を想像する、ということで
フェリーにしよう!っというのが4月の時点でまず決めていました。


僕自身、三豊に船で入る、という経験はしたことがなかったので
とてもワクワクしていました。



b0160785_10223668.jpg


今回お世話になるのは瀬戸芸でもお世話になった「ゴールドフェニックス号」


尾道メンバーがおしゃれに装飾してくれ、

何と船上でのケータリングの挑戦



事前に三豊の食材も送り、今回のメニューに活かしてもらいました。



料理を担当してくれたのが「こめどこ食堂」のヒロシくん


b0160785_15492670.jpg



そしてトレセンの料理人といえばこの人!

Pop-Up Kitchenの比嘉康洋さん


b0160785_15453392.jpg
(三豊でも意外なところで比嘉さんとつながっている人がいました)





b0160785_16143350.jpg



b0160785_15552714.jpg
こんな感じにおしゃれなプレートになりました。


今回食材のやり取りをしていて思ったのが
やはりできる野菜や獲れる魚はよく似ていますね。

食文化、という点ではかなり似ていると感じました。





b0160785_15503527.jpg
とても素敵な写真です。





そして2時間少々の航海で対岸の三豊市仁尾町へと到着します。




こうして何とも山根にーさんらしい

まさに「多様性のあるDeep尾道教えちゃる!!」に

ピッタリな尾道FWは終了しました。













b0160785_16122332.jpg




そしていよいよ三豊FWが始まります。










       

[PR]
by cafedeflots | 2017-07-02 16:16 | Comments(0)