「ほっ」と。キャンペーン

仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:守りたい日常( 42 )

当たり前の奥深さ

【当たり前】って思っていること

そもそも当たり前なんだから、普段は考えもしないようなことって
たくさんあります。

夜になれば街頭に明かりがつくのが当たり前

蛇口をひねればお水が出るのが当たり前

お腹がすけば何か食べる選択ができるのも当たり前


今のこの国にいれば、たくさんの当たり前が存在します。


でも、それらって

たくさんの人の想いや努力の結晶です。


flotsの目の前に素敵な海岸があるのも当たり前ですが

高度成長期にこの海岸を埋めるというお話もあったようです。

その時に動いた人たちがいます。


b0160785_9195862.jpg



その方たちはそれから20年以上、この海岸の清掃を毎月行ってくれています。

もし、この方たちがいなかったら

目の前の海岸は埋め立てられていたかもしれません。

この海岸がある、っていう当たり前が当たり前じゃなくなってたかもしれません。




もちろん、埋め立てて企業や住宅が入り、

この仁尾町が今よりも栄えていたかもしれない日常があったかもしれません。

要は、その時代に生きる人たちの想いで、

たった一人の想いから始まった行動で

未来は大きく変わる可能性がたくさんあります。


この父母を守る会の皆さんのおかげで

この素敵な海岸が守られ続けてきたことを

どれだけの人が知っているのだろうか?

「知ってもらう必要なんてないよ」と言われそうですが

それはやっぱり伝えていきたいなぁと、個人的には思います。



今ある現実の当たり前に甘えることなく

守りたいものは努力して守り、

不平不満があるのであれば、努力して改善していき、

できる限りの行動をしていきたいものです。


そして、後の世代に

素敵な「当たり前」を残せれたらなって思います。





b0160785_9361838.jpg




そんなプレゼントを用意できるようなサンタクロースにわたしはなりたい。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-25 09:39 | 守りたい日常 | Comments(0)

久々のデート

昨日は久しぶりに男二人でデートをしました。



b0160785_8484545.jpg



歩き出して10分程でお休みタイム。。。



気にせず山を越え、曽保地区へと歩を進めます。

普段は車でもあまり通らない道を

ゆっくり時間をかけながら歩きます

そしたら「この景色ええな〜」と

改めてグッとくるポイントがいくつもありました。

特に感じたのがこちら


b0160785_8572380.jpg


写真では伝わりにくいですね。

海側から見上げるこのビューはなんとも言えない美しさです。

咲は何か感じているのでしょうか?

折り返しからは海沿いの道を歩き、

約1時間半のデートは満足のいくものでした。




夜はヨガをし、会いたい人にも会え、

今朝は珍しく早起きをして神棚のお掃除をしました。



b0160785_925012.jpg


神棚はもう何年も空き家になってシロアリにより

朽ち果てようとしていた母親の実家から拝借してきたものです。

神棚がどのように大切なもので、どのような作法があるのかは

勉強不足で説明はできないのですが、

なんとなく気になってしまう存在でした。



そして時間がまだあったため、

昨夜真理さんが「これ読んだら〜」って勧めてくれた本を読みながら

「何か問題がある」ということも捉えようによっては

成長の機会をいただけているんだなと

松浦弥太郎さんの本を読みながら感じることができました。




b0160785_9112538.jpg





【今あるもの】を意識し、感謝ができる良い時間です。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-16 09:16 | 守りたい日常 | Comments(0)

この時期の日課

この時期には更に日課の作業が増えます。

その中の一つがこちら




b0160785_9263537.jpg




薪割りですね。


薪割りも日々の作業と捉えると結構大変なのですが

基本的に、こういった身体を動かすことはあまり苦にならない性質ですので

割と楽しんでできています。

むしろ、日によっては無心になれたりもするので

うまく付き合っていければいいかなと。

ただ、かまどが出来た際には更に大量の薪が必要となってくるから

新しく確保の方法を考えないといけません。


山の整備が行き届きにくくなっているこの時代の問題を

長所と捉えることができるように視野を広げていきたいと思います。


この地域の自然と共存しながら

この時代のみんなと共創しながら

様々な経験を積んでいければなと思っています。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-14 09:42 | 守りたい日常 | Comments(0)

新しい日課

かまどは完成しましたが(仮)になっています。


今から1〜2カ月ぐらい新しい日課が増えました。


それはかまどが完全に乾くまでのヒビ防止のため

毎日ペチペチと叩く必要があります。

もちろん今日も昨日もたたきました。


ペチペチ、ペチペチ、

ゆっくりしっかり愛情を込めながら。





b0160785_9273814.jpg








この作業をしている時も

もちろん手伝ってくれたみんなの顔が

頭の中に浮かんできます。

無心になるような単純作業も

こんな煩悩であれば大歓迎ですね。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-13 09:33 | 守りたい日常 | Comments(0)

愛しいもの

昨夜も素敵な出会いから愛しいものの再確認ができました。



その方との共通する愛しいものとは




「日常」





この地で生まれ


この地で育ち、


この地で遊ぶ




そんな日常が何よりも愛しいものなんだと


話している中で再確認出来ました。





僕には夢があり、


その方にも夢があり、



時にケナサレたり


時にツマヅイたり


時にミエナクなったりすることもあるでしょうが



そんな日常の延長線上に



その夢の形が現れるよう、




コツコツ、コツコツ進むだけです。





b0160785_9315295.jpg






そんな日常が



何とも愛おしく感じます。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-03 09:37 | 守りたい日常 | Comments(0)

夢を叶える

「夢」




夢と一言で表しても大きさも形も人それぞれです。




そもそも色も形も大きさもないものです。




なんだかとてつもなく大きなもののように映る人もいれば、



旅行に行くような気軽さで、当たり前のように捉える人もいるでしょう。




ただただ穏やかな日常を過ごせれば良い人もいれば



ドカンと一発当ててやる的なこともあるでしょうし、



世界が、、、と大きな視野の人もいるでしょう。





何はともあれ、「こうなりたい」「こうしたい」と願い、祈るという行動は



人だからできる素敵な行為だと思います。














b0160785_9295840.jpg



この本を読んで夢を叶えた20代の頃の自分がしていたこと



そして30代の自分ができていなかったことが明確にわかりました。




なのでそれを12月中にしようと思います。





叶えたい夢がある人や


こんな風になりたいという願望のある人や


何かよくわからんが興味があるなって人は



声をかけてくださいね。




一緒に夢を叶えようではありませんか♪
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-02 09:32 | 守りたい日常 | Comments(0)

色々なカタチ

b0160785_9123271.jpg




硝子工房 かわせみの山野さんの作品です。


用途は「箸置き」


いくつもの試作を重ねて現在使っている子が生まれました。



一言で箸置きと言ってもこのように色々なカタチのものが誕生します。


今回一番適しているのは今つかわてもらっている子なんですが


では、それ以外の子たちがダメかというとそういうものではないと思います。




それぞれの個性の子たちは状況や場所が


ひょっとしたら用途までもが変わればきっと


その場所で存在感を発揮することでしょう。




それぞれの生活の中で他と自分を比べることで


羨んだり、落ち込んだりとすることもありますが


自分というカタチ、個性だからこそできることがあるはずです。



もし落ち込むようなら、良い目標ができたではありませんか。


そのカタチになるのを望むのではなく


自分のカタチで最高のパフォーマンスをすればいいだけでしょう。




「あなたと同じことは到底できるとは思えない」



できなくて良いし、できなくて当たり前




わたしだから普通にできる当たり前のことが


きっと相手から見れば特別なことだったりするのですから。






他者との関係を落ち込むことに使うのではなく、


冷静に新しい自分を発見することに注目すればいいだけです。





そして自分という存在を発することで


似たような価値観を持った仲間たちがきっとあなたを見つけてくれるでしょう。






僕自身も自分には何もないなぁと思いながらも


こうやって奮い立たせながら歩き続けています。




色々疑問に思うことの多い日々ですが


楽しい仲間たちがどんどん増えていってくれてます。





そんな色々なカタチのものたちが集まると


大きな力になることを実感しています。



そんなものたちが集まれる場を


創りたいと思います。
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-30 09:50 | 守りたい日常 | Comments(0)

ないとこまるもの

当たり前にあるときにはその大切さについては気づかない


無くして初めて気づく当たり前なこと




小さなことから大きなことまで



日々過ごしている中で


思い出したり、忘れたり。




他の地域がとかではなく


この地域ならではの残すべき当たり前を



注意深くみようと思います。





絶対に無くしてはならない(僕らの中では当たり前なもの)が


この地域にはまだ残っていると感じているから。





b0160785_9512336.jpg

[PR]
by cafedeflots | 2016-11-29 09:52 | 守りたい日常 | Comments(0)

今年最後の朝市

b0160785_9225979.jpg




今年最後の朝市も賑わいがありました。




漁業という安定の難しい世界で


このように継続していくことの大変さを見させてもらってます。




天気が悪ければ魚を獲りに行くことはできないし、


獲れるかもわからない。



年々魚が少なくなっているという現実を聞きながら、感じながら、、、






どこの世界も厳しい状況は変わらないですね。



でもそれはきっと変化する機会なだけだと思います。





潮が満ち干きするのと同じことでしょう。




逆らわず、どう捉え行動するかを考えます。





僕らを取り巻く環境はどんどんどんどん変化しそうですが



溺れず、流されず



その時その時を対処できるような能力を


鍛えていきたいと思います。
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-21 09:36 | 守りたい日常 | Comments(0)

東京からの風

陸の孤島、仁尾町にいながら・・・


何だかんだと東京からの風に触れる機会が多いです。




二日連続で炎を囲みながら


初めてお逢いする方たちと


手伝ってくれた仲間たちと


初めて会った気がしない空気の中で


楽しく笑うことができました。




「こんなお屋敷を守っていくのは大変そう」



「でもその笑い顔は楽しそう」




そう言っていただけて何よりです。




もっと気を使えよと、お叱りを受けるかもしれませんが



ただただ、みなさんとお話しするのが


心地よかったです。





b0160785_17193452.jpg






みなさんの思い出の片隅に


この松賀屋の空気感と



みんなの笑い声のぬくもりと



スモーキーな薫りが


いつまでも残ってくれたらいいなぁと



陸の孤島より、振り返ってます。





そしていつの日か、



東京へと、


またみなさんの胃袋を満たしに


行きたいものですね。












今度、イノシシ肉カルボナーラうどんの試作をしないといけないな。
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-15 17:29 | 守りたい日常 | Comments(2)