仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:お仕事( 89 )

お志事


全体と部分と



自分という個を考えるとき、必ず他者という比べるものが存在します。

そんな中で自分の役割は?ということを最近よく考えています。


昔は他者と自分を比べて羨んだり、落ち込んだりすることが多々あったのですが

最近は割と冷静に物事を考えれるようになっています。


そんな中で個を最大限に活かしつつ、

全体としての部分になることの大切さに気づきだしてもいます。


我のため、我のためってガツガツすることなく、

かといって我のためをおろそかにするのではなく、

この両方を行ったり来たりしながら

この土地、この時代に合った役割を

考えたりしています。



誇、松賀屋をどうしたらいいのか?って考えながら

この町のどんな機能を担えばいいのか?を考える。


flotsをどんなお店にすればいいのか?って考えながら
海沿いの飲食店としてどうすればいいのか?って考える。


このわがままな個性を尊重しながら

どんな役割でこの場所に存在するのか?


そんなことを考えています。



理想の状態から現実の状態を俯瞰して

足りないギャップを埋めるために

今できていないところをちょっとずつ進めていくだけ

それだけで理想の未来への道は開けてくると実感しています。

一歩進んだだけで理想への道が開けて見え

予期せぬ道が現れてきています。


あなたの行きたいと願っている道の途中で

出会い、影響し合えることを楽しみにしています。





この町が循環を生むには?




そんなことを考えています。





b0160785_9154557.jpg





羽ばたけなくても、くさくさすることなく、ぴよぴよ進みます!
[PR]
by cafedeflots | 2017-01-29 09:40 | お仕事 | Comments(0)
昨夜はコース料理の予約が入っていました。

今は夜営業はしていないのですが予約があるときは開けています。

予算としては3500〜5000円ぐらいですね。

好き嫌いや魚多めとか

細かい注文もできますので

気になるような方はご連絡ください。



ちなみに昨夜の一例で



b0160785_9245399.jpg

鯛のソテー 春菊のスープ仕立て



b0160785_9244210.jpg

オリーブ牛を使った赤ワインソースパスタ




この一年で少し料理の質が変わりました。

何が変わったかというと

使用する【お塩】を選ぶようになりました。


それだけでも微妙にコース内容が変わってきています。


素材の持っている特徴を引き出し

それぞれの食材の調和を考え、組み立てる。



基本的なことは変わっていないのですが

また一つ、余計なものが削ぎ落とされた感覚です。




早く自分の作ったお塩をふんだんに使える日が来るのが

待ち遠しいです。


そのお塩を使って

料理をするだけではなく、

生産者さんや料理に興味が有る人たちと

繋がっていきたいものです。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-20 09:46 | お仕事 | Comments(0)

再開

かまどができるまで我慢しようと思っていたのですが

我慢できませんでした。



b0160785_9191110.jpg



初物のなみこ塩です。



去年、どのような味がこの海っぽいかなぁということでいろいろと試行錯誤して

この粒の荒さかなぁと落ち着きました。

今のやり方だと微調整が効くのですが

さて、釜が大きくなるとどうなるのかが

ちょっと心配ではあります。



今foltsの料理では30%ぐらいはこの塩を使っています。

料理はソースもデザートまでも全部手作りです、って言うと

驚かれることもあったのですが

この料理に使っているお塩も手作りなんですよ、っていうと

今までとは違う驚き方をされます。

窓から見える目の前の海を見ながら

料理の説明や、手作りの塩についてお話ができるのは

この場所でお店をしているものとしては

とても嬉しく思える瞬間であります。


来年には100%となるように計画していきたいと思っています。



ちなみにこのお塩ですが

瀬戸内のカルパッチョや、地物のお野菜に合わせているのですが

ポタージュスープを作る時に使用すると

なんとも深みのある味に仕上がることがわかりました。

flotsのランチに最初に出てくるポタージュは

地物の旬の野菜を使っていますので

地元のお塩はやっぱり合うんだなぁと

そんなことを思いながら食べていただけると嬉しいです。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-19 09:37 | お仕事 | Comments(0)

この時期の風物詩

毎年この時期になると一人でコース料理を予約してくれる方がいます。

昨日はその方が来店してくれました。

その方と「この時期が来ましたね〜」という会話をしながら

オーダーの瀬戸内の魚を使った内容を

一品一品丁寧に作る

その料理をもちろん気に入ってくれてるのも勿論なんですが

何より僕との会話も楽しみにしてくれているのが嬉しいです。

1年ぶりに会う、ということは

お互いその一年を振り返り、どのような変化をしてきたのかを

確認できる時間でもあります。


その方は目の前に広がる海をとても愛していて

この時期には何度かサーフィンをしにきています。


「僕もサーフィンを始めてみましょうか」と言うと

困ったような笑顔で答えてくれました。



ここの海が大好きで、

ここの料理が大好きで、

ここでの会話が大好きなのだと


そんな存在であれてることはありがたいことです。




b0160785_941597.jpg





ちょっと飲みすぎちゃいましたけどね(笑)
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-18 09:42 | お仕事 | Comments(0)

落ち込んでいる時は

何を考えてもマイナスに陥る時があるかと思います。



孤独だ・・・



そんな感情に支配されそうな時もあるかもしれません。




でも大丈夫です。



ちょっと視野を広げれば


そこにみんながいてくれているはずですから。





b0160785_9192282.jpg





孤独を感じるということは



孤独じゃない状態を知っているから。


そういうことなんです。



そうじゃない状態を求めているということです。





だから、今はモチベーションが上がらないなら



ゆっくり孤独な時間を活用して


何が原因で上がらないかを


一つずつ紙にでも書き出していけばいいだけです。



孤独、という与えられたプレゼントを


一人でゆっくりと楽しむぐらいの気持ちで


前向きに、


「ツイテるな」と捉えられる


図太い人間に育っていってほしいです。





「シャッ!孤独きた!!!」




そんなテンションでいいのではないでしょうか。
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-06 09:25 | お仕事 | Comments(0)

衣食住足りて・・・

さぁ、次に何をしようか。





おはようございます。



今週はちょっと慣れない行動をして不思議な気分の浪越です。



木曜日は神戸に、そして昨日は大阪に行ってました。







大学生に語りかけ、




ふるさとの先輩方に語りかけ、



b0160785_945886.jpg






自分自身に語りかけ、



自分の中で自分のことが少しだけ整理できたような気がします。





僕の人生は無計画でここまできています。



きっとこの先もそんな人生になるのでしょう。




エラーがあったから今の自分がある。


エラーがあったから今の幸せな環境を作れている。



そして、その幸せに満足することなく



次なるエラーへの道を繰り返していくのだと思います。





22歳の頃、自分のことも他人にことも喜ばすことができなかった自分が



28歳でcafeというスタイルで自分も他人も喜ばすことができ、



37歳になり松賀屋という場でたくさんの人と繋がり、喜んでもらえることができています。




まだ抽象的な表現になりますが、僕が松賀屋を使って提供したいものは




「生きているを応援し合う場



を創ることにまとまりました。





衣食住が足りた後、



ものがあふれる豊かなこの日本となった後、




引き換えに無くなりつつあるものは



そんな場ではないのかなと思います。




難しいことはよくわかりませんが



僕の感性が必要としているものは



そんな


「学び合う場」



「応援し合う場」


を求めているようです。







具体的には・・・・




興味がある方は



これからも注目していただければと思います。




エラーを繰り返しながら創っていきます。






そんな人間を応援していただければ嬉しいです。









「誇り」という軸がこれからも僕を支えてくれますように。
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-20 09:05 | お仕事 | Comments(0)
人生初となる大学での講義が終了しました。





b0160785_975625.jpg






アウェイ感満載のこの空気を変えることができるのか?!




できた!・・・とは言い難いですね。


自分には大勢に対する話し方というスキルは


まだあまりないのでしょう。



今回は学生さんたちに話すということもあり、なるべくわかりやすく


興味を引いてもらえるような内容にしたのですが


それでも自分が当たり前に使っている「クラウドファンディング」などの用語も


当たり前ではないことにも気づけました。


生徒さんたちに何か残るものが一つでもあったかなぁ・・・といった感想です。





そして、棚卸しをしてみて思ったのですが・・・




なんて自分は無計画な人間なんだろうか?!   と



今更ながらに気づくことができました。



もちろん頭の中でこんな感じの未来にもっていく、っというイメージはあります。


ただ、それを計画というにはあまりにも無理があるなと感じました。



そして、無計画の割に個人としての幸せは叶えてきていることができてたんだなと気づきました。



だからこそ、今こうやって誇の活動をしているのだなと。




今の僕の能力では

個人対個人に対して力を発揮することはできます。


ただ人数が多くなる、不特定多数を相手に、となると


力を発揮できない、そもそも望んでいないのかな?ってことに気づきました。




誇として、これからのことを考えた時


さぁ、自分の視点をどこに向けるべきかを考える必要がありそうです。




今回の授業が終わり、心に少しスキマができたので


考えてみることにします。









ただ、軸は23歳のターニングポイントから


全くズレがないことだけはわかりましたので



このまま進んでいきたいと思います。











しかし、神戸で生まれ育つのと


この仁尾町で生まれ育つのでは



かなり人生は変わるんだろうなぁと妄想したりしてました。



やはり僕は根っからの田舎者ですね(笑)





得ることの多い1日でした。
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-18 09:45 | お仕事 | Comments(0)

初体験

歳をとり、新しいことをすることに抵抗のある方へ


僕も同じです。


基本的に人は居心地の良い温度のお湯に浸かっていたいものです。



でも、「変化しない」という意識は衰退へと繋がります。



「維持をする」という意識のもと努力をして、初めて衰退を止めることが


できるのだと思っています。




そこで浪越の次の初体験なのですが


今週の木曜日に神戸にある大学へ講師として行ってきます。















「マジですか?!」って







最初お話をいただいたときには思いました。



こんなフラフラ〜っとした人間がそんなところに行って良いものなのでしょうか?




頭の中の葛藤は凄まじいものでしたが、



このような機会をいただけることに大きな感謝の気持ちが湧きましたので



お受けしました。





そして緊張と自分の棚卸しにもがいております。







b0160785_1011979.jpg









でも嫌な緊張ではありません。



緊張に対して同等のワクワクするという感情も湧いています。




万人に対して100点満点の答えを出せるとは思っていないのですが



当日その授業に参加している若者の



一人、二人の意識を刺激できるといいなぁっというのを目標に




頑張って作成致します。






こんな大人もいるから大丈夫って



伝えてきますね!
[PR]
by cafedeflots | 2016-11-14 10:18 | お仕事 | Comments(0)

食べるということ

b0160785_919551.jpg

美味しそうと思った方は先に進んでください。


















食べるということを選択していない人はあまりいないと思います。



ただ、どのぐらい重きを置いているのかは人それぞれです。




僕は単純に食べることが好きですし、料理人ということもあり


食べることへの興味は割と強い方です。



でも周りにいる「食べる」ことを愛している人たち、美食家さんたちと比べると


弱いなって感じることもよくありますが。




あの方や、あのねーさまは本当に食べることが好きなんだなぁと感心することが多々有ります






「食べる」=ただお腹をふくらませる、生きていくための栄養をとるのみ



この方には僕の言葉は届きにくいかもしれません。




僕はもうちょっと興味が深く


「誰と、どこで、何を、どのように」の部分まで考えます。



ちなみに「誰と」の要素が強いので、基本的に一人で美味しいものを食べに行く。という選択肢は


あまりないことに気づきました。





この前、夜時間が空き、美味しいコーヒーでも飲みながら本を読みたいと思い



辺りを見回しましたが・・・



ゆっくりお茶ができる場が近くにないことにがっかりしました。









【なら創ればいい】



出てくるキーワードは大体いつもこれですね。






僕は勝手にこの町を「美食の町」にしたいと考えています。



創意工夫する料理人の溢れる町にしたいです。



生産者や食べ物に感謝をする料理人に溢れる町にしたいです。



自然に感謝し、自然を守りたいと感じる料理人がたくさんいる町にしたいです。



美味しいものを作り、来られるお客さんの笑顔を楽しみにしている料理人がたくさんいる町にしたいです。





家族でも、友達とでも、初めてのデートでも、一人でゆっくりしたい時でも




コース料理を食べたい時でも


コーヒーを飲みながら本を読みたい時でも



ガッツリ飲んだ後の締めのラーメンを食べたい時でも


旬のお魚を知りたい時でも


傷ついた時にマスターに愚痴りたい時でも


お金がないから安くてガッツリ食べさせてって時でも



今度こんな食材で料理してってわがままを言いたい時でも




「食べる」というキーワードで繋がれる場がたくさん溢れるような町、



そんな町にしたいって自分勝手に妄想しています。





これはあくまでも食べることが好きな僕の勝手なワガママな妄想です。



でもこの妄想が創造へと変わった時に



きっとこの町は楽しく、住みよい町になると




僕自身は勝手に想像しています。




全てのスタイルを受け入れ、否定せず、、、



ただ、全てがは繋がっていて、生かされているということが気づきやすくなる町へ。
[PR]
by cafedeflots | 2016-10-19 09:42 | お仕事 | Comments(0)

2度目の経験

本日もFM香川さんに出演させていただきました。





b0160785_0573216.jpg




まさか2週連続でお邪魔することになるとは思ってもいませんでした。



そして1度目よりは2度目の方が喋れるものですね。



習うより慣れろ!とはよくいったものです。





この習うより慣れろ、なかなか興味深いことわざです。



みなさん、習いすぎてはいませんか?




失敗するのが怖いから、恥ずかしいから完璧にできるようになるまで練習する


かっこよく見せたいからそれまではしない




そんな理由でやれることにストップをかけていませんか?



もちろん、それがしたくないことなら無理にする必要はないし



する必要がない、という選択をしているからいいと思います。




ただ、したいことなのにまだ習っている途中だからしない、という選択をしているのなら



ちょっと黄色信号を出した方がいいかもしれません。





そう言っているうちは経験するチャンスをどんどんなくしています。



やったつもりでも、何も形に残らず時間だけが進んでいってます。




正直、もったいないです。




若いうちの経験はどんどん積んだ方がいいでしょう。



そして「若いうち」というのは


今のこの瞬間が自分にとって一番若い時です。



今以上若返ることはありません。



あなたの一番若いうちに、どんどんどんどん経験し、形を作っていきましょう。





習うより慣れろ!






繰り返し、形にしていくことでどんどんどんどん慣れていきましょう。





そして、小さな失敗を繰り返していくことで



大きな成功へと辿り着くでしょう。








それでも大きな成功というのは



次の目標への通過点でしかないのですから




どんどんどんどん、コツコツコツコツ進んでいった方が



たくさんの出会いと、見たことがない景色を眺めれる人生を送れるでしょうから




習うなら慣れていくべきだと、そう思います。
[PR]
by cafedeflots | 2016-10-07 06:28 | お仕事 | Comments(0)