<   2016年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

何か新しいことを始めたい

自分は変わりたい


そんな人には是非読んでほしい本、


『幸せをつくるシゴト』


読み終わりました。



b0160785_09532459.jpg


で、今2回目を読んでいます。




買った本はだいたい2~3回は読み返します。



1度目はグッと入り込んで読みます。



2度目はちょっと俯瞰して「なぜ?」という意識をしながら読みます。

このときに気になった所は書き出したりしています。



今回も山川咲さんから素敵な言葉をたくさん頂いています。



その中で特に突き刺さった言葉が


「そもそも自分が人生を懸けてやる意味がない」


という言葉です。




自分という一度きりの人生をかけれるモノ



高校球児が甲子園を目指すような情熱



今、自分が、自分だからコレをしている!!!

というものがあるでしょうか?


全ての時間ではなくても

その瞬間だけでも

そう思えるものがあるでしょうか?





その根底はやっぱり


「これが好き!!!」


という気持ちを行動に移しているかどうかだと思います。




もちろん全てが順調に

最初から物事が進むことは少ないでしょう。




頓挫、挫折、誘惑、絶望、、、といった言葉が

顔を出すこともしばしばあるでしょう。





それでも前に進めるかどうか。





それだけなんでしょうね。






もっともっと自分と深く、正直に付き合う必要があると

いうことがわかりました。





胸を貼って、そんなことが言える大人の姿を

子供達にみせていきたいですね。










終わり









にしようと思ったのですが

今朝はそんな事を形にしている男たちが

笑いを届けています(笑)



そのご紹介だけして

終わりにしたいと思います。



藤田隆志さんと横山文洋さんです。


笑いの種はコチラ


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-26 09:29 | Comments(0)

インプットからアウトプットへ


頭の中に詰め込んだ情報を

いざ、人に話すとなったときに

どうしてもうまくまとまらないです。



それはわかってる風なだけということでしょう。



まだ自分の血肉となってない状態では

人に説明することは難しいと思います。



なので週末に読んだ本、得た情報を、





頭の中のものを書き出す。





とりあえず書き出す。




これだけの作業も繰り返すことで

時間は短縮できそうですが

今の自分はまだまだけっこう時間がかかります。


b0160785_09364804.jpg

それでも書き出すことにより

「おっ、こんな考え方が出来るようになってたんやな」

と、新しい自分を発見できたりもします。





つらつらと書き出した文章を

どのように組み立てれば

わかりやすいかな~と

思案していますが、

まだまだこのへんの能力は低いようです。





それでも一歩ずつ進めていきます。




とりあえず、この時点で頭はけっこうスッキリしますので

オススメですよ♪




まだまとまってないのですが

今日書き出した内容を俯瞰してみると

この身、この思考、この時代に生まれた自分の


「したいことをやる理由」


が見えてきました。





「したいことをやる理由」


パッと説明できますか?


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-25 09:45 | Comments(0)

あなたは変わりたいと思いますか?


また変わりたいと思っていることはありますか?



歳を重ねるにつれて

なかなか人は変われない、変わらないと思われがちですが

個人的にはそんなことはないと思います。



ただ、続かないだけ



僕がココ数年で変わりたいと思ったこと

・腰痛を治したい

・字がきれいになりたい

・PCを使いこなしたい

・本を読めるようになりたい


大きく、ざっくりいうとこんな感じです。


中学生の頃から腰痛もちだった僕は

大学生の頃にしていたアイスホッケーで

腰から「コキッ。」という変な音がしてから

毎年冬になると腰痛がでるようになりました。


今ではヨガ(自己流)を習慣にしたことにより

腰痛が顔をだすことはなくなりました。




字は、少しはましになったのですが(もとがひどすぎた)

最近習慣から離れてしまってます・




PCを使いこなしたいは

超がつくほどアナログ人間なので

相変わらずよくわかりません。

でもこうやって毎日触れるようにはなってます。




本は、時に活字中毒かっ!てぐらい読む時があります。

2~3日、読まないと気持ち悪いところまできてます。



結果、30代前半の頃とはまったく違った行動や考え方ができるようになっています。




どちらが好きかと言われたら

それはやはり「今」と答えるでしょう。


意外と変われるものですよ。





ただ続かないだけ






2回言っちゃいましたね。



そう、最初は続ければいーんだと思います。




最初は不細工です。

面白くないです。

むしろイライラすることもあるでしょう。


でも、毎日少しずつ生活に取り入れることで

習慣になります。

それがないと気持ち悪いとさえ

思うようになります。


今、こうやって書いていることもそうです。




それが『努力』というものではないでしょうか。



面白くもない習慣を毎日続ける努力があれば

人は変われます。


で、どうしても面白くならない

続かない!ってときは

罪悪感を感じることなく

次にいけばいいんです。




ただ変わりたいことがある方、

歳をとればとるほど、

自分というものがわかってきているはずなので

変われる力は強いと思いますよ。


b0160785_10004195.jpg
みんなは面白くなってくれるかなぁ




まずは小さなことからが自然なのです。


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-24 10:03 | 目指すもの | Comments(0)

計画と無計画について

この習慣は中学生ぐらいから変わってないかな・・・。



テスト週間が始まると

決まって大掃除から始める浪越です。




あれから20数年が過ぎ、少しは成長したかなと思っているのですが

根本はあんまり変わってないみたいですね。




今、色々な案件を抱えています。


頭の中が混乱状態だったので


何から始めようかと書き出しました。





割とたくさんあります。。。



まずこの段階でそれがわかりました。






次に優先順位です。



つけました。



そして行動に移します。





2件ほど重要度の高い案件を少し進めて気持ちが良くなった僕は



なぜか大掃除病が湧いてきて、

他のタスクを一度置いておき、

松賀屋へとでかけることになりました。





これは優先順位はあまり高くなかったのですが

やりたい部門ではかなりの上位だったから

心のままに従った感じです。





実は大掃除はテストからの現実逃避ではなく

やりたかったことなのではないのか?!と思ったのですが

それは都合良く解釈しすぎでしょうか。






放り出されたモノ達を眺めて

昔を思っていると・・・




掃除になりません!!!





そこで手を止めて

何度「昔を懐かしむ病」になったことか。







なので未来をイメージして、

「こんなのがいいかな」

「これはここに置くといいかなぁ」と

独りで妄想していると・・・




これまた、掃除になりません!!!






何度、妄想族になったことか。。。




なのであまり考えずに

とにかく纏めていくことにしました。





ちゃんと仕分けはしながらです。





こういった作業をしているときは

けっこう無心になれるので

自分の特技は「整理」にしようかと思ったのですが

奥様に鼻で笑われるどころか

あきれさせることになるのでやめておきます。




2時間ほど時間をいただき、

割ときれいに仕分けできた状態までもっていけました。





そんな整理を手伝いたいー!!!



って方は声をかけてください。



っと言いたい所ですが

このようにゲリラ的にちょこちょこやっているので

なかなか声をかけれるような状態ではないのです。




それでも、どうしても!!!


っていう奇特な方がいましたら、

ゲリラ的に連絡をしますので

コソッと声をかけてください。


b0160785_09440937.jpg
これでもだいぶさっぱりしたのです



今日は珍しく、思ったままをそのままに書いたBlogでした。





まとまりのない、読みにくいであろう文章を

最後まで読んでくれた方、

ありがとうございます!!!


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-23 09:45 | お仕事 | Comments(0)

時間が過ぎていく中で、あせりを消す方法



日々、時間に追われるという感覚はありますか?



僕はたくさんあります。



なぜそのような状況になるのか?

色々悩んできましたが、どうやら






やるべきことを抱えすぎている

整理ができていない





この二点が原因なことがほとんどです。



やりたいことではなく、やるべきことが多すぎるのは

きっと自分じゃなくてもいいことを



やってしまっている

やらされてしまっている



という状況になっていませんか?




この二点をうまく「やりたい!」って人に任せることが出来れば

物事は何倍も早く進むでしょう。


そこに持っていけるかどうかがポイントだと思います。





そして、整理ができていない


これは単純に勘違いしていることがよくあります。

忙しい「風」なだけということ



試しに、やることを紙に書き出してみましょう。












意外と少なくないですか?





頭の中だけで考えていると

どうしても、あれもして、これもして、、、、ひえ~~~

ってなりますが、


紙に書き出してみると

あれ?こんだけ?ってことがよくあります。



大量の魚を捌く時にまず何をするのか?


まず、包丁を研ぐのです。


そうすることにより結局早くシゴトが終わります。





b0160785_08505861.jpg
           こんな状態だとまず何からすればいいのかさえわからないですよね



まず、書き出してみることが

効率をあげる手助けになることは多々あるのです。



そんなことを書きながら

時間に追われつつあるのは

単純に「やらなければいけないこと」という

効率のあまりよろしくない、苦手なことを

自分がしてしまっているからなんだろうなぁと

思った朝でした。


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-22 09:00 | Comments(0)
その瞬間・・・・

美しいと思ってしまいました。




b0160785_09262150.jpg


いや、「瞬間だけ」美しいというのではないことだけ

お友達のために補足しておきますw



昨夜は女性のみのヨガでした。




気候が良くなってきた松賀屋でのヨガは

とても気持ちがよい時間でした。



今回も呼吸に重点を置き、

更に集中できるように

無音で行いました。




季節の匂いを感じながら


無音の中に、たまに生活の音が滑り込んでき、


今に集中することのできる空間に仕上がりました。




まだまだ、課題はありますが、

このまま、楽しみながら

ヨガへの流れを創っていきたいと思ってます。






さぁ、この講師の竹安さん(竹ちゃん)とは

フロでの出会いからの付き合いなんですが

一歩めを踏み出した途端、面白い流れに乗ってます。




初回のメンズヨガでは朝日新聞さんの取材が訪れたり



今回は、ラジオの記事になったり、



後々にしようと考えていた企みが

いきなり四国新聞さんの記者に偶然見つかり、

記事にされるなど・・・。



流れというのは不思議なものですね~。



でも、それは竹ちゃんが

ほんの小さな一歩を踏み出すと決意しただけです。


そこにちょっとだけ、

スパイスを加えただけ。



一人では出来ない大きなことも

独りの思惑から始まるものです。



流れに溺れることもあるかもしれませんが

そのときはみんながワラになればいいだけです。



ん?

この表現はおかしいかな・・・



支え合えばいいだけです。


こっちかなw



彼女が、この町で創りだす美しい一瞬を

これからもそばで楽しませてもらおうと思います。




もしあなたも観客席から舞台にあがりたいという衝動が湧いた時には

声をかけてもらえると嬉しいです。


最初はどんなに小さくても

その瞬間の美しさは

とても輝いた人生のワンシーンとなるでしょうから。




あなたとの触れ合いを

楽しみにしています。








企みのシーンはこちら


b0160785_09372345.jpg

b0160785_09364119.jpg

b0160785_09360273.jpg

b0160785_09362109.jpg

b0160785_09370004.jpg
何もないと思っているこの町も

こんなに素敵な日常を切り取ることができるのです。



ここに、あなたというスパイスが加わることにより

どんな料理になるのか、

楽しみにしています♪


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-21 09:52 | | Comments(0)

山川咲さんの本をもう少しで読み終わります。


胸が熱くなります。


心の中にもやっとしたことがある人には是非オススメします。


まだ読み終わってないということで

ちょっと立ち止まります。



本のタイトルは「幸せをつくるシゴト」とありますが


『あなたにとって幸せとは?』


という問いに答えることができるでしょうか。


自分にとっての幸せ、

あなたの答えは、あなたにしかわかりません。


ちょっと考えてみましょう。


























でてきたでしょうか?

早すぎましたか?w




もし出てきたのであれば

是非、その答えを聞かせてほしいです。




なぜなら僕の幸せは


『目の前にいる、あなたの笑顔を見ること』


だからです。




幸せについて語っているあなたはきっと笑顔になっているでしょう。

その幸せを手に入れるために、僕たちはつながっていきたいです。



一人では出来ないことも、繋がることで出来るようになっていくことが

たくさんあります。

何を悩んで、立ち止まっていたのかと思うぐらい

スッと進むこともあります。


だから、まず、自分の幸せについて語ってみませんか?







この問いを投げかけた時に

たくさんの人が

「子供の笑顔をみれること」

答えてくれました。




もちろん、僕も咲成の笑顔をみただけで

幸せな気持ちで満たされます。



b0160785_07565010.jpg


そして、我が子ではないあなたの笑顔でも

僕は幸せな気持ちで満たされます。



僕はそんな家族を創ることを目指します!

そして広げていきます!





そして、答えが出てこなかった人は

その答えを一緒に考えてみませんか?




その過程も僕は楽しんでいきたいと思ってます。




何を暑苦しいこと言っとんじゃい!!!って時は

おせっかいはやかないようにします。

でも、縁をきるという話ではありません。



もし話したくなった時

そのときは声をかけてもらえる距離にいます。






それが、僕の幸せです。


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-20 09:26 | 目指すもの | Comments(0)

心配されるということ



昨日の夜、心配されました。



変な表現ですねw



今、僕はこうやって毎日自分の考えを発信しています。



どれだけの人がみてくれているかはわかりませんが

僕のBlogをみてくれて、


「なんか辛そう、気のせいですか」

「余計なお世話ですみません」

ピンクはちょっと怪しいですね


温かい声&気遣いをかけてくれた人がいます。



余計なお世話なんかじゃありませんよーーーー!!!


そして何で謝るんですかーーー?!!!!



僕がお礼を言うところですw



その方とたくさんメッセージのやり取りを

させていただきました。


お互いの近況などもたくさん話しました。


とても優しい気持ちになれました。


そして、また一歩距離を縮まった気がします。

(一歩どころじゃないかな)




よく考えたら個人の方とメッセージのやりとりを

たくさんしたのはかなり久しぶりな気がしました。




ありがとうございました、あかねさん!



b0160785_09451376.jpg



なぜ、あかねさんとそんなにたくさんのやり取りが

出来たかというと、

実は僕も少し、あかねさんのことを心配していることがあって

そのタイミングが合ったんでしょうね。


「なるかわ あかね」さんの紹介はこちら

※表現に一部キツイシーンがありますが

 そこは彼女の愛情と捉えてくださいw



見ているところが似ているところがあります。



表現の仕方はかなり違いますがw



あかねさんが心配をしてくれた理由は

僕の文章から「死」をイメージしてしまったからなんでしょうね。


深く読んでくれてありがとうございます。


咲成が現れてから『生と死』をより強く意識するようになりました。


『生』は喜ばれるけれど

『死』は悲しい


けれど必ずやってくるもの


それは間違いない



その時がくるまでに

「安心の空間」に身をおき、

「不安の時」に住み、

自分がしておくことを考えています。



そして、あかねさんと共に出来ることがあるんじゃないかな~と

さらにイメージが膨らんだ気がします。






心配から始まった会話が

新しい未来を創るのかもしれません。







[PR]
by cafedeflots | 2016-04-19 09:50 | Comments(0)

心を満たす栄養はありますか?



僕の心を満たすものは色々あります。


その一つは「本」です。


b0160785_09532459.jpg




今、わいざんこと横山文洋さんから薦めてもらった

山川 咲さんの「幸せをつくるシゴト」を読んでます。


っというか、まだ半分ぐらいですが。



ちゃんと読み切ってから書こうと思ったのですが

書きたいことが溢れたので

我慢できず、今日のBlogになります。






こんな始まり方をしたら

どんな内容の本なのかを説明してくれると思った方はごめんなさい。


今日は本ではなく、紹介してくれた「わいざんさん」についてになりそうですw





わいざんさんとはまだ直接お会いはしていないのですが

たくさんの刺激をもらっています。




わいざんさんの魅力に気づいている人は

たくさんいます。



なぜ、そんなにたくさんの人がわいざんさんに惹かれているのか?



それは「植物と栄養と私」の関係を

わいざんさんは築けるからかなぁと思いました。









ちょっとわかりずらいですねw






想像してみてください。





あなたが大切に育てている植物があります。




その植物に花が咲くことをあなたは願います。





でも、どうしても一人ではわからないことがあり、

枯れそうになります。






悲しみ、落ち込むあなたのもとに

植物が元気を取り戻すのに必要な栄養がやってきます。





それがわいざんさんです。








伝わりますか?w




そして、栄養であるわいざんさんは


あなたが喜ぶ顔を見ることに幸せを感じます。

咲いた花を一緒に見ることに幸せを感じます。



そのために全力を尽くすでしょう。



ということを

想像させてくれる人です。


きっと繋がっていく人たちは

わいざんさんの、そんな暖かさに

惹かれているのではないでしょうか?





あくまでこれは僕のイメージなので

真相は本人に聞いていただければと思います(わいざんさん、無茶ぶりしてごめんなさい)





わいざんさんは僕に

「山川 咲さん」という心の栄養を与えてくれました。


そして山川 咲さんの本を読み終わる頃には

また一つ、行動を起こす自分がいることも

想像できます。



こうやってご縁の種は繋がっていくのでしょうね。




全てのご縁に感謝します。




[PR]
by cafedeflots | 2016-04-18 10:00 | Comments(0)

自然を感じれてますか?

色の濃い季節がやってきました。



b0160785_09372473.jpg



毎日海を見ていると

日々変化していることに気づきます。


この時期は山の緑も濃くなり

「山が近いなぁ」と感じるようになります。



そして、この季節になると

海に潜りたい病がでてきます。


無性にソワソワします。


潜ることの魅力は

無心になれる瞬間があるのと

一歩間違えれば死との隣り合わせの状況を

感じられるところにあります。


自然は美しくもあり、

また

非情でもあります。


誰のせいにすることも出来ない

自然の大きさを感じるため

今年も海に潜るでしょう。








そして、海に潜ることにより

幼少の頃の記憶が蘇るということもあります。


僕の場合は「匂い」に敏感なのですが


空気の匂い、潮の匂い、太陽の匂い、、、

それらの匂いを感じることにより

昔の情景、友達、笑い声、、、

懐かしい記憶が蘇ります。





その後、「音」であったり「味」であったり

今まで生きてきた

記憶のタンスが開く瞬間をたくさん経験できます。



またソワソワしてきました。




こういった記憶の積み重ねが

今の自分を作っているのでしょうね。





忙しさを言い訳に

海に全く入らなかった年が一年だけあるのですが

それは後悔に近い感覚で

自分の中にこれからもいるのでしょう。


それまでは3時間は時間が作れないと

海には潜れないという考えだったのですが

「30分だけでも時間があれば潜る」と

決めてしまえば、何度かは

潜ることができました。


ほんのちょっと常識をいじっただけで

人生に大きな変化をもたらすことができます。




言い訳を探す前に、出来ることを探す方が

楽しい人生になると

自然からまた一つ学ぶことができた

思い出です。







[PR]
by cafedeflots | 2016-04-17 09:43 | Comments(0)