<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

また来ます。

結局自分が求めていることは


「ごちそうさま」が聞きたくて料理人になったように


この町に来た人が「また来ます」と言ってくれるような場を

作れるかどうか。


それにつきるのだと思います。


縁もゆかりもない人たちが訪れ、


この町で暮らす人たちと出会い、語らいながら


関係を深めていく。



そして、「また来ます」と言ってくれれば


それが何よりの幸せですし、


そんな関係を横から見てても嬉しく思います。




b0160785_931160.jpg








そんな町であり続けれるよう、


そんな場を守っていけるよう



そんな笑顔を見続けれるよう、、、





b0160785_93675.jpg







守るべきものを守っていきたいです。
[PR]
by cafedeflots | 2017-04-18 09:05 | 守りたい日常 | Comments(0)

超えるべきとき

今回の「本の会」で読むと決めた渋沢栄一さんの本を読み終わりました。


次の自分の課題はここですね。



b0160785_9274449.jpg





誇のような活動をしているとよく言われるのが


「町おこしはボランティアでしなければならない」

「金儲けを考えるな」


ということをやはりまだまだ言われてしまいます。




おそらくまだまだ「仁と義」が「利」と溶け合う形を示せてないのでしょうね。




僕自身は得た利を使って、更に勉強し、質の高いものを作り、またみんなに質の高いものを

還元できればな、という気持ちでお店を継続してきました。



「清貧」という言葉が美しい響きを持つのもわかります。


でも、松賀屋を改修したり

新しい雇用を生むためには

やはり利を求める必要があるのをわかってもらえたら嬉しいな〜って思います。


そうすれば今よりももっとたくさんの人に

質の良いものを提供できる自分になれますので。



お金は行政に、補助金にっても言われます。


でも税金を使うところはここではない、今ではないと

自分ではそう思ってしまうのです。



仁も義も利も、併せ持てる人間へ成長していけるよう、

壁を超えていきます。
[PR]
by cafedeflots | 2017-04-02 09:41 | 守りたい日常 | Comments(0)

論より証拠

今年のテーマを決めてこテーマに沿うものをブログにしようと決めてたのですが

なかなか形にしてから、だと更新が遅くなりますね。



とりあえず今感じていることは


「一人の力は小さくて、でも一人の力は大きくて」

ということです。



一人の考えから始まったことが大きな流れになるには

やっぱりたくさんの人の支えがないと難しいです。


それでもやはり一人一人の想いがないと

それは続けていくのは難しいでしょう。



誇のメンバーは個人事業主が大半です。


一人一人の仕事が忙しくなれば

それはとても幸せなことなのですが

誇としての動きは途端にスピードが落ちてしまいます。



flotsの内容を磨き、お塩を作りだした、という結果を出すと

松賀屋への足は自然と遠のいてしまいがちです。




今までの自分の考えでは

ちょっと限界に近づいてきました。


それぐらい松賀屋の痛みも進んでいます。


同時にやはり松賀屋という【集まる場】の必要性を

日を追うごとに感じています。




ということは、考え方を変えるしかないですね。




「必要なものは必要な時にやってくる」

「すべての偶然は必然である」



そんなことを思いながら

新年度はスタートします。



さぁ、守るべきものと捨てるべきものをしっかりと選びながら

今年度も新しい道を進んでいきたいと思います!




b0160785_9553995.jpg




b0160785_9555645.jpg




b0160785_9561363.jpg




b0160785_1012686.jpg









b0160785_9585692.jpg





b0160785_1041449.jpg





b0160785_9584858.jpg






b0160785_9584072.jpg





b0160785_954633.jpg





b0160785_9554951.jpg

[PR]
by cafedeflots | 2017-04-01 10:08 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)