仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

地域トレセンin 尾道

前回のブログにも書きましたが
第一回フィールドワークは尾道のプロデューサーは山根浩揮さんから始まりました。


b0160785_23063612.jpg

笑顔の素敵なアニキです!!!

山根さんが今回設定したテーマは

【多様性のあるDeepな尾道教えちゃる!!】

なんともにーさんらしい勢いのあるテーマでしたw





尾道のスタートは話題の「U2」から始まり

b0160785_23093278.jpg



b0160785_23100295.jpg
仁尾レモンとはちょっと色味が違って見えますね。
海沿いで飲むレモンスカッシュは最高でした!


b0160785_23100781.jpg
店内もおしゃれ!!!

内装や置いてある雑貨、料理の見た目や内容、入っている企業など
ターゲットが明確に設定されていて、誰がどんな風に利用するのかがとても伝わりました。





昼食を終え、こめどこ食堂さんへ歩いて向かいます。

b0160785_23543742.jpg

店内の雰囲気も明るく、普段たくさんの人たちで賑わっているのが伝わります。
働いている人たちの笑顔も素敵でした。

人の動きがよく伝わるお店でした。




地域トレセン全体をプロデュースする、プロジェクトデザイナー古田秘馬さん(株式会社umari)のお話から、オリエンテーションがスタートです。


b0160785_07113118.jpg



b0160785_23551567.jpg





b0160785_23545413.jpg

こちらで今回の取り組みと二期メンバーたちの紹介を行いましたが
相変わらず濃い個性を持った人たちばかりです。



尾道プレイヤーの一人

NPO法人空き家再生プロジェクト代表理事 豊田雅子さん



b0160785_00100243.jpg

空き家をなんとかしたいと思っている自分にとって
豊田さんの熱い想いは学べるところがたくさんありました。

これだけでもいくつブログが書けるのだろうか。。。

彼女の覚悟は相当なものでした。



そして今夜お世話になる宿へと案内をしてもらいます。

僕たちが泊まるお宿は「みはらし亭」さんです。


b0160785_23111373.jpg

みはらし亭の名前にふさわしく、本当にみはらしの良い建物でした。


b0160785_23112211.jpg
ちなみに24日の目覚めは朝日が勢いよく眠気をさらっていってくれ、すがすがしい朝を迎えることが
できました。





チェックインを済ませた後は尾道の商店街エリアを散策、豊田さんが手がける「あなごのねどこ」を案内してもらい、

その後「ディスカバーリンクせとうち」の石井宏治さんから尾道デニムプロジェクト
の取り組みを説明してもらいました。



b0160785_07271721.jpg


モノに想いを乗せ、人に伝える
その仕組みの大変さ、意義を学ぶことができました。




そして1日目のトレセン会議は
惜しまれつつも閉店した新開の「クラブ志摩」にて。

次の展開はこの志摩をコミュニティキッチンとして生まれ変わらせるという予定とのこと。




b0160785_07363052.jpg




b0160785_23103604.jpg



『多様性』というキーワードが胸に残ります。

みんな本当に個性もやっていることもバラバラなんですが、
心の中にある想いが同じであれば
必要な時に惹かれ合うものなんだなということを感じることができました。

熱気に溢れた会場から「街を愛する」という連帯感を感じれることができました。



成功しているよう、うまくいっているように見えて、
みんなもがきながら、苦労しながら、それでも諦めずに必死に歩み続けているだけなんですよね。




そして尾道の夜はまだまだ続くのです。。。。

[PR]
by cafedeflots | 2017-06-30 07:48 | 目指すもの | Comments(0)

無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg






それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)

無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg




それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)