今年最後のヨガの日です

三豊市近郊に住んでいる方にとって

【ヨガ】っていうとまだ敷居が高いのだろうか?

あまり興味を引く世界ではないのだろうか?

あまり人との会話で出てこないのでそう感じたりしています。



そんな状況ですが

今日は今年最後の松賀屋ヨガの日です。

3月頃から始まったこのヨガ教室も毎週1回ですが

ここまで続いてきたのは

講師の竹ちゃんと

興味を持って来てくれている皆さんのおかげです。

本業の仕事を抱えながらの週一回の開催は

思った以上に労力がかかることです。

時に人が来ず、落ち込んだりする日も見てきています。

時に満員となり、喜ぶ笑顔も見てきています。


そして、リピーターの人たちが「〜〜ができるようになってる!」っていう声や

「仕事が落ち着いたから復活します」などの声に

本当に嬉しそうな竹ちゃんの顔を見て、そんな関係性を見て、

何とも言えない気持ちになります。



まだまだ一年にも満たないですが

この関係性が続いていき、磨かれていき、

この場所の文化となるよう、

【自分と向き合う】【健康と向き合う】【成長を共感する】が

似合う場所となるよう、

応援していきます。





b0160785_962781.jpg



そして、来年は

「なぜ僕たちが松賀屋でヨガをしているのか?」を

よりわかりやすく、面白くしていこうと思ってますので

お楽しみに♪
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-22 09:19 | | Comments(0)

対処法

b0160785_9304843.jpg



さて、何に見えるでしょうか?

壁って感じですよね。

でもちょっと引いてみてみると・・・





b0160785_932189.jpg


このこです。





どんついて目の前に壁しか見えなくなった時、

ちょっと一度落ち着き、

引いてみたり

俯瞰してみたり

他人の意見を聞いてみたりすることで

違う形や道が見えてくることがあります。



「あ、な〜んやー!」と

目からウロコが取れるようなことが

簡単に怒ったりします。


昨夜は人と話すことにより

新しい道が見えたりもしました。


どうしても自分一人で解決しようとすると

壁にぶち当たることが多いです。


そんな時、冷静に意見を聞ける余裕ぐらいは常に持っておきたいものですね。




さて、今年もあと10日ばかり

この一年を振り返りつつ、

今年中にしておきたいことをまとめたいと思います。


本日も良い1日を!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-21 09:43 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)
昨夜はコース料理の予約が入っていました。

今は夜営業はしていないのですが予約があるときは開けています。

予算としては3500〜5000円ぐらいですね。

好き嫌いや魚多めとか

細かい注文もできますので

気になるような方はご連絡ください。



ちなみに昨夜の一例で



b0160785_9245399.jpg

鯛のソテー 春菊のスープ仕立て



b0160785_9244210.jpg

オリーブ牛を使った赤ワインソースパスタ




この一年で少し料理の質が変わりました。

何が変わったかというと

使用する【お塩】を選ぶようになりました。


それだけでも微妙にコース内容が変わってきています。


素材の持っている特徴を引き出し

それぞれの食材の調和を考え、組み立てる。



基本的なことは変わっていないのですが

また一つ、余計なものが削ぎ落とされた感覚です。




早く自分の作ったお塩をふんだんに使える日が来るのが

待ち遠しいです。


そのお塩を使って

料理をするだけではなく、

生産者さんや料理に興味が有る人たちと

繋がっていきたいものです。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-20 09:46 | お仕事 | Comments(0)

再開

かまどができるまで我慢しようと思っていたのですが

我慢できませんでした。



b0160785_9191110.jpg



初物のなみこ塩です。



去年、どのような味がこの海っぽいかなぁということでいろいろと試行錯誤して

この粒の荒さかなぁと落ち着きました。

今のやり方だと微調整が効くのですが

さて、釜が大きくなるとどうなるのかが

ちょっと心配ではあります。



今foltsの料理では30%ぐらいはこの塩を使っています。

料理はソースもデザートまでも全部手作りです、って言うと

驚かれることもあったのですが

この料理に使っているお塩も手作りなんですよ、っていうと

今までとは違う驚き方をされます。

窓から見える目の前の海を見ながら

料理の説明や、手作りの塩についてお話ができるのは

この場所でお店をしているものとしては

とても嬉しく思える瞬間であります。


来年には100%となるように計画していきたいと思っています。



ちなみにこのお塩ですが

瀬戸内のカルパッチョや、地物のお野菜に合わせているのですが

ポタージュスープを作る時に使用すると

なんとも深みのある味に仕上がることがわかりました。

flotsのランチに最初に出てくるポタージュは

地物の旬の野菜を使っていますので

地元のお塩はやっぱり合うんだなぁと

そんなことを思いながら食べていただけると嬉しいです。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-19 09:37 | お仕事 | Comments(0)

この時期の風物詩

毎年この時期になると一人でコース料理を予約してくれる方がいます。

昨日はその方が来店してくれました。

その方と「この時期が来ましたね〜」という会話をしながら

オーダーの瀬戸内の魚を使った内容を

一品一品丁寧に作る

その料理をもちろん気に入ってくれてるのも勿論なんですが

何より僕との会話も楽しみにしてくれているのが嬉しいです。

1年ぶりに会う、ということは

お互いその一年を振り返り、どのような変化をしてきたのかを

確認できる時間でもあります。


その方は目の前に広がる海をとても愛していて

この時期には何度かサーフィンをしにきています。


「僕もサーフィンを始めてみましょうか」と言うと

困ったような笑顔で答えてくれました。



ここの海が大好きで、

ここの料理が大好きで、

ここでの会話が大好きなのだと


そんな存在であれてることはありがたいことです。




b0160785_941597.jpg





ちょっと飲みすぎちゃいましたけどね(笑)
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-18 09:42 | お仕事 | Comments(0)

本物か、偽物か?

先日店内にある薪ストーブの炎が本物か偽物かがわからないというお話をしました。







b0160785_953046.jpg




僕はこの店の店主であり、この薪ストーブを管理していますから

この炎が本物であることはもちろん知っています。

ただ、初めて来られたお客さんからすれば、本物であるか偽物なのかは確かにわからないことです。

10人中、何人の方が本物と見分けることができるのでしょうか?

詳しい人であれば

暖かさの感じ

匂い



これらの要素を足しに、見分ける確率は上がるとは思います。



このように見える炎でさえ、本物か偽物かの区別がつきにくい世の中です。


では【言葉】の本物、偽物を見抜くことはできるでしょうか?


一言で「優しさ」と言っても色々な形、表現が存在します。


「プライド」なんて言ったらプラスにもマイナスにも捉える人がいるでしょう。



僕がプラスだと思っている「愛」だとか「夢」だとか「勇気」でさえも

人によってはマイナスに捉えることがあるかもしれません。


さらにその表現方法によってもまたどんどん変化していくことでしょう。



そんな時、何を基準にすればいいのか?


本物の優しさって?


本物の勇気って?



偽物のプライドって何?



そんな疑問が湧いてくる中、今の自分から出てきた答えは



『自分の肚がどう感じるのか』


これに尽きるような気がしています。


自分自身が信じて、納得していれば

どのような状況になっても、責任は取れるだろうし

今後の成長の糧にもできるでしょう。



他人の判断によって、となると

それはもう自分の責任としなくなる可能性が上がるので。





本物か、偽物か、、、



そんなことで悩んでいる自分がいます。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-17 09:20 | 目指すもの | Comments(0)

久々のデート

昨日は久しぶりに男二人でデートをしました。



b0160785_8484545.jpg



歩き出して10分程でお休みタイム。。。



気にせず山を越え、曽保地区へと歩を進めます。

普段は車でもあまり通らない道を

ゆっくり時間をかけながら歩きます

そしたら「この景色ええな〜」と

改めてグッとくるポイントがいくつもありました。

特に感じたのがこちら


b0160785_8572380.jpg


写真では伝わりにくいですね。

海側から見上げるこのビューはなんとも言えない美しさです。

咲は何か感じているのでしょうか?

折り返しからは海沿いの道を歩き、

約1時間半のデートは満足のいくものでした。




夜はヨガをし、会いたい人にも会え、

今朝は珍しく早起きをして神棚のお掃除をしました。



b0160785_925012.jpg


神棚はもう何年も空き家になってシロアリにより

朽ち果てようとしていた母親の実家から拝借してきたものです。

神棚がどのように大切なもので、どのような作法があるのかは

勉強不足で説明はできないのですが、

なんとなく気になってしまう存在でした。



そして時間がまだあったため、

昨夜真理さんが「これ読んだら〜」って勧めてくれた本を読みながら

「何か問題がある」ということも捉えようによっては

成長の機会をいただけているんだなと

松浦弥太郎さんの本を読みながら感じることができました。




b0160785_9112538.jpg





【今あるもの】を意識し、感謝ができる良い時間です。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-16 09:16 | 守りたい日常 | Comments(0)

崇高なる目的

そんなに高い望みを持っていたとしても行動しなければ

それは考えていないことを同じである。

頭の中では痩せたいなぁと思いながらも、身体がお菓子を食べていては

痩せるという状態にはなりにくいと思います。





b0160785_10213898.jpg



今、自分は「こんな風になればいいなぁ」という願望があります。

別に崇高、なんて言えるようなものではありませんが。


それは置いておいて、

そのためには松賀屋に関わったり、誇を立ち上げたり、平石堂をしたり、

よくわからんようなイベントを色々立ち上げてみたり、

塩を作ろうとしてみたり、フロのメニューをコース形式にしてみたり、、、、

なんの脈絡もないように思う方もたくさんいるかとは思います。


ただ、すべて「こうなればいいなぁ」という願望のもとにつながることを

自分なりに地図を描いて行っています。

ただ多岐にわたりすぎてはいるのでしょう。


どれを選べばいいのか、

そんな説明書があれば欲しいのですが、残念ながら説明書はありません。


たくさんの人の話を聞きながら、その人の地図を見せてもらったり、

他の地域の地図を見せてもらって参考にしたり、

または、歴史を辿り、今の現在地を確かめてみたりと、

行ってみて行き止まりの時は引き返して、、、、

そんなことを繰り返しながら地図を日々更新させています。


毎日かまどをペチペチ叩くことも、その地図では必要な工程ではあります。


ただ、すべてを一人でできるかというと・・・

間違いなくできないでしょう。


どんな人たちと出会え関わっていけるのか

どれを残し、どの道を切り捨てるか

誰と、どのように進んでいくのか








そんな決断はしていかないといけません。


そのお菓子を、切り捨てる覚悟は必要なんです!!!
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-15 10:47 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)

この時期の日課

この時期には更に日課の作業が増えます。

その中の一つがこちら




b0160785_9263537.jpg




薪割りですね。


薪割りも日々の作業と捉えると結構大変なのですが

基本的に、こういった身体を動かすことはあまり苦にならない性質ですので

割と楽しんでできています。

むしろ、日によっては無心になれたりもするので

うまく付き合っていければいいかなと。

ただ、かまどが出来た際には更に大量の薪が必要となってくるから

新しく確保の方法を考えないといけません。


山の整備が行き届きにくくなっているこの時代の問題を

長所と捉えることができるように視野を広げていきたいと思います。


この地域の自然と共存しながら

この時代のみんなと共創しながら

様々な経験を積んでいければなと思っています。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-14 09:42 | 守りたい日常 | Comments(0)

新しい日課

かまどは完成しましたが(仮)になっています。


今から1〜2カ月ぐらい新しい日課が増えました。


それはかまどが完全に乾くまでのヒビ防止のため

毎日ペチペチと叩く必要があります。

もちろん今日も昨日もたたきました。


ペチペチ、ペチペチ、

ゆっくりしっかり愛情を込めながら。





b0160785_9273814.jpg








この作業をしている時も

もちろん手伝ってくれたみんなの顔が

頭の中に浮かんできます。

無心になるような単純作業も

こんな煩悩であれば大歓迎ですね。
[PR]
# by cafedeflots | 2016-12-13 09:33 | 守りたい日常 | Comments(0)