仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年最後のヨガの日です

三豊市近郊に住んでいる方にとって

【ヨガ】っていうとまだ敷居が高いのだろうか?

あまり興味を引く世界ではないのだろうか?

あまり人との会話で出てこないのでそう感じたりしています。



そんな状況ですが

今日は今年最後の松賀屋ヨガの日です。

3月頃から始まったこのヨガ教室も毎週1回ですが

ここまで続いてきたのは

講師の竹ちゃんと

興味を持って来てくれている皆さんのおかげです。

本業の仕事を抱えながらの週一回の開催は

思った以上に労力がかかることです。

時に人が来ず、落ち込んだりする日も見てきています。

時に満員となり、喜ぶ笑顔も見てきています。


そして、リピーターの人たちが「〜〜ができるようになってる!」っていう声や

「仕事が落ち着いたから復活します」などの声に

本当に嬉しそうな竹ちゃんの顔を見て、そんな関係性を見て、

何とも言えない気持ちになります。



まだまだ一年にも満たないですが

この関係性が続いていき、磨かれていき、

この場所の文化となるよう、

【自分と向き合う】【健康と向き合う】【成長を共感する】が

似合う場所となるよう、

応援していきます。





b0160785_962781.jpg



そして、来年は

「なぜ僕たちが松賀屋でヨガをしているのか?」を

よりわかりやすく、面白くしていこうと思ってますので

お楽しみに♪
[PR]
by cafedeflots | 2016-12-22 09:19 | | Comments(0)

初体験

今日は初体験をしてきました。



ずっとしたいと思ってたのですが、なかなか時間を作ることができてなかったので



ようやく体験できた、というのが率直な感想です。





どこでしたかというと、松賀屋から歩いて2分もかからないぐらいの距離にある


常徳寺さんで行いました。




b0160785_357979.jpg





こんな近くにあるのに行けてなかったという方が不思議ですよね。



ちょっと言い訳をさせてもらうなら



それを行っているのが木曜日の夜ということもあり、




ヨガとドンピシャリで時間が重なってしまった、というのが一番の理由でした。




まずは始めたヨガを定着させたい気持ちがありましたので、その体制が整うまでは



我慢しようと決めていました。



ヨガも約半年が過ぎ、講師竹ちゃんも生徒さんも馴染んできた感があるので



前半だけ一緒にさせてもらった後抜け出し、常徳寺さんに行ってきました。





何をしてきたかというと「座禅」です。






b0160785_413886.jpg

※はい、こんなイメージです






なんとなくこんな感じかなというイメージはあったのですが



やってみるとなんとも雑念の多い自分に気づくことができました。



特に最初の5分ぐらいが一番きつかった気がします。



雑念の嵐でした(笑)



そして、急激な眠気が襲ってきたり、足の痺れが出てきたり、、、



途中に無になりかけたのか、ただ眠かったのか、、、



それはわからないですが楽になれる瞬間も少しだけあったような気がします。



思考の嵐は穏やかになり、風や虫の音、星の瞬き等の情報の認識がゆっくりと自分の中に入ってくる心地良さは




ヨガをしている時に感じている状態と重なって、終わってみればもう一時間経ったのか、っと思えました。





その後、30分ほどお茶をいただきながら世間話をさせてもらったのですが、



住職さん(常徳寺の副住職という立場)は僕の一つ下の後輩でした。



そういえば中学の時のテニス部にいました。



副住職さんの口から誇の活動で普段よく行動をしている子たちの名前が出るだけで



一気に距離が近くなったような気がしました。





そして、最近頻繁に浪越の名前を人から聞いていたようで


なんだか今日出会うべくして出会ったのかなぁと思えました。




普段は木曜日の夜20時からしている座禅体験ですが


前もってお願いをすると曜日をずらすことも可能なようです。



もし興味がある方がいましたら、一緒に行ってみませんか?
[PR]
by cafedeflots | 2016-09-02 05:18 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)
b0160785_995287.jpg



はい!


ということで急遽潜りに行ってきました。





モリは愛嬌ということで♪






この町で生まれ育ったためか、



悩みや辛いことがあるとよく海に行っていました。


それは大学の時も、料理人の修行時代にも同じでした。



共に福岡県の東区、博多区だったもので


海は割と近かったのもあるでしょう。





孤独感や、もやもやしたものが胸の内にあると


なかなか、他のことが集中できません。



そんな時は海でもいいし、山でもいいし、とにかく


雄大な自然に触れると自分の小ささを感じることができます。






見るだけでも十分スッキリはしてくるのですが



潜ることにより、


波の流れを感じれたり


海の中のたくさんの生き物の営みを見れたり、


気を抜けば、あっさり命なんて持っていかれる無常感を


肌で感じれることができます。




そうやって身を任せる、力を抜ける環境に身を置くと



もやもやした自我は海に溶けていくような感覚を覚えるのです。




そして残った感情を大切に残します。













まぁ、この時期まだ海は冷たかったですが(笑)




とにかく、海に潜るというのが


僕の心のリセットボタンのようです。


おすすめですよ!










芯から冷え切ったのもあり、軽くヨガの時間もとりました。




と言っても、最近は松賀屋ヨガで習いだしましたが


全て我流です。


なので何度か筋を痛めながら、もう3年ぐらいになるのかな。






これぐらいは柔らかくなってます。


b0160785_9235455.jpg
















すごい!っと思った方、


まだまだなんですよ!



初めて写真に撮り、客観的に見たのですが


背中が丸まってるなぁという印象しかなかったです。





人から見たらすごいと言われることも


その張本人からすれば、まだまだ全然、何が?ということがあります。



ただ、やっていることに興味があるのか、そうでないのか、それだけでしょう。




僕にテレビの話を振ってみてください

芸能人の名前やCMの話題なんて何もわかりません。




車の車種を聞いてみてください

ミニクーパー以外ほとんど答えることができません



動物占いの話を聞いてみてください

これは結構答えれます。





何が言いたいかと言いますと


好きなことはやめろと言われてもやるのが人間です。


それを人に何を言われようが好きであればやればいいのです、



辞めることを人のせいにするぐらいなら辞めてしまえばいいのです。



自分が納得するまで突き進みましょう。








めっちゃ筋肉痛の身体の中に残った感情は





「突き進もう」





ということでした。
[PR]
by cafedeflots | 2016-06-10 09:42 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)
その瞬間・・・・

美しいと思ってしまいました。




b0160785_09262150.jpg


いや、「瞬間だけ」美しいというのではないことだけ

お友達のために補足しておきますw



昨夜は女性のみのヨガでした。




気候が良くなってきた松賀屋でのヨガは

とても気持ちがよい時間でした。



今回も呼吸に重点を置き、

更に集中できるように

無音で行いました。




季節の匂いを感じながら


無音の中に、たまに生活の音が滑り込んでき、


今に集中することのできる空間に仕上がりました。




まだまだ、課題はありますが、

このまま、楽しみながら

ヨガへの流れを創っていきたいと思ってます。






さぁ、この講師の竹安さん(竹ちゃん)とは

フロでの出会いからの付き合いなんですが

一歩めを踏み出した途端、面白い流れに乗ってます。




初回のメンズヨガでは朝日新聞さんの取材が訪れたり



今回は、ラジオの記事になったり、



後々にしようと考えていた企みが

いきなり四国新聞さんの記者に偶然見つかり、

記事にされるなど・・・。



流れというのは不思議なものですね~。



でも、それは竹ちゃんが

ほんの小さな一歩を踏み出すと決意しただけです。


そこにちょっとだけ、

スパイスを加えただけ。



一人では出来ない大きなことも

独りの思惑から始まるものです。



流れに溺れることもあるかもしれませんが

そのときはみんながワラになればいいだけです。



ん?

この表現はおかしいかな・・・



支え合えばいいだけです。


こっちかなw



彼女が、この町で創りだす美しい一瞬を

これからもそばで楽しませてもらおうと思います。




もしあなたも観客席から舞台にあがりたいという衝動が湧いた時には

声をかけてもらえると嬉しいです。


最初はどんなに小さくても

その瞬間の美しさは

とても輝いた人生のワンシーンとなるでしょうから。




あなたとの触れ合いを

楽しみにしています。








企みのシーンはこちら


b0160785_09372345.jpg

b0160785_09364119.jpg

b0160785_09360273.jpg

b0160785_09362109.jpg

b0160785_09370004.jpg
何もないと思っているこの町も

こんなに素敵な日常を切り取ることができるのです。



ここに、あなたというスパイスが加わることにより

どんな料理になるのか、

楽しみにしています♪


[PR]
by cafedeflots | 2016-04-21 09:52 | | Comments(0)