仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:出会い ( 6 ) タグの人気記事

無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg






それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)

無事?終了。

2017年度、KIRIN地域創生トレーニングセンタープロジェクト(通称:トレセン)の第一回フィールドワーク『尾道~三豊エリア』が6月23~25日、開催されました。

b0160785_23243415.jpg


トレセンとは?→http://chiiki-tresen.jp/




4月のオリエンテーションから約3ヶ月弱、

迷い続け、悩み続け、未だかつてない緊張感を持ち続けた毎日を過ごさせていただきました。


今回自分が決めたテーマは「仁尾~荘内エリアを美食の街にする」というもの。


イメージとして多種多様な飲食店が立ち並び、一歩店舗から飛び出すと

自然の中でも食卓を楽しむことができる地域にしたい、というものです。


その未来に向かってまず行うことは、まずは「知ること」


景観豊かな場であったり、

想いを持って仕事に取組んでいる農家さんや生産者さん、

地域密着スーパーを訪ね、

この地ならではの特徴を活かしてお仕事をされている人たちを

まずは知ってほしいと思い、コースを作りました。



b0160785_23280107.jpg


b0160785_23282951.jpg
b0160785_23330164.jpg
b0160785_23333289.jpg


そして「知ること」の次は「繋ぐこと」



これらの素敵な素材たちや想いをまとめて食せる場を

夜の松賀屋で演出しようと・・・


地元のお母さんたちの味、

地元のおっちゃんたちの味、

地元の生産者さんたちの味、

地元の料理人たちと、

そして東京の料理人による食の演出。








b0160785_05472831.jpg



b0160785_05485755.jpg




それぞれの空気を感じながら、生産者さんの想いを噛み締めながら

この地に住む人たちと、外から来た人たちが調和するひと時を味わえる空間。



b0160785_05500193.jpg


そんな価値を生み出すことを

目指していきたいのです。



ただ、今回のトレセンのプロデューサーをさせてもらい痛感したこと。



今までの考え方ではとてもじゃないけど続かないこと。



みんなからの厳しく優しいフィードバックを受け、今も落ち着いていないのが現状です。




でも、途中で諦めなくてよかった。



それが素直な感想です。




そして、諦めずにここまでこれたのはやはり仲間がいてくれたから。



出来ないところはお願いすればいいだけで、



自分にしか出来ないことを全力ですればいいだけのこと。






b0160785_06060931.jpg


尾道プロデューサーの山根浩揮さん。(有限会社いっとく代表)




今回は尾道との連携ということもあり、山根にーさんには沢山のことを学ばせてもらいました。




そして二期メンバーのみんなからも、それぞれの視点から見たフィードバックもいただきました。





まだまだ整理することがたくさんあるので





その②に続いちゃいそうですね。




ひとまず!



おそらく人生で一番きつい3ヶ月でしたが、



その分、得られたものは大きかったということです。




このような機会を与えてくれたKIRINさん、

事務局の秘馬さん、ゆきさんやオブザーバーのみなさん

一期、二期のみなさんに

関わってくれた地元のみんな、


本当にありがとうございました!



これからもこんな自分ですがよろしくお願いします!!!






[PR]
by cafedeflots | 2017-06-28 06:40 | 目指すもの | Comments(0)

出会いの数だけ・・・

たくさん、というわけではないのですが


日々様々な出会いがあります。


初めて会う人もいれば、いつも話している人の意外な一面を見ることも。



その度に何かが満たされる感覚になります。




その人たちと話す中で自分の感性を刺激された時、こみ上げる嬉しさがあります。



刺激された、、、というよりかは感性に触れ合えたというイメージですね。


触れ合えた時、繋がれた感覚になります。



その方たちとの会話はどんどん、どんどん前向きな話に花が咲いていきます。



昨夜もそんな時間をたくさんいただくことができました。




この時だけの出会いなのか、



それとも続いていくものなのか、、、







b0160785_1142043.jpg







静かな日常もまた愛おしいですね。
[PR]
by cafedeflots | 2016-08-10 12:22 | お仕事 | Comments(0)
b0160785_18432928.jpg



昨日の雨が嘘のように晴れ渡り、池の水も全て干上がってしまいました。


こうやって書くと晴れの日が良いととられがちですが、雨の中の静寂も素敵だったことは


昨夜、この場にいた人たちには伝わっているでしょう。





そして過去が楽しすぎると、今の静けさが不幸であると考えることもできます。



あの楽しかった時間が戻ってきてほしい


あの人たちがそばにいないことが寂しい



こうやって過去に囚われてしまうと、今のこの瞬間が不幸(ちょっと大げさに表現しますね)であると



思うこともできます。




過去の事実を変えることはできず、変えることができるのは今の思考とこれからの展望です。



過去にどのような悔いの残るようなことを犯してしまっても



過去の事実を変えることはできません。



それならば、その事実を繰り返すことなく反省し、これからの考え方、行動に活かせばいいだけです。




もちろん、犯してしまった罪は消せませんから



どんなに今、頑張っていたとしても、結果を出せていたとしても開き直ることはしてはいけないと思います。



うん、開き直ってはいけません。



でも、過去を悔いて、現在を蔑み、未来を色褪せるものにはして欲しくないです。



また、周りもできれば過去を許し、未来へ希望を感じて欲しいです。





これらはまだ大きな悲しみを知らない自分だから言える言葉なのかもしれません。





ただ、負の連鎖は未来のために止めたいと思った1日でした。






あなたの人生にも



わたしの人生にも




悔いが残るような時間は



少なくあってほしいと願います。





楽しく学び合えるであろう仲間たちとの出会いは



また一つ自分の中の扉を開けてくれたように感じています。





松賀屋がそんな学びやご縁をつなぎ続ける場となるように。
[PR]
by cafedeflots | 2016-07-09 23:06 | 目指すもの | Comments(0)

ありがとう

b0160785_9203097.jpg






なぜかぼちゃで

なぜこの写真で




なぜありがとうなのか?




理由は特にはないのですが・・・







改めて、周りの人たちに恵まれているなぁと実感している今日この頃です。






わがままし放題の



無理言い放題の




好きなコトし放題のわたくしを








呆れながらも



笑いながらも



戸惑いながらも



応援してくれる



支えてくれる




笑顔をくれる





こんなかぼちゃのように固いところも



受け入れてくれる







(ちょっと無理につなげすぎました)





近しい人には明るく見えるためかぼちゃと理解してくれていますが




逆からみているあなたには


わたくしが固い暗いモノにしか見えないかもしれない




でもいつか、光が当たった時



きっとわたくしがかぼちゃであると認識してくれるでしょう。


(これで大丈夫かな)


そのとき、まだわたくしのことに呆れ果ててないのなら




ともにかぼちゃのにっころがしでも



食べようではありませんか。





(最後も無理やりですね)











わたくしは料理人であります。



料理を作る人、っみている人が大半でしょう。




でももう少し大きな視野でみるとわたくしは


人と人が楽しく出会う場を創る人


ってみることができないでしょうか?





ただ出会うだけではなく、【楽しく】出会える場です。




そこには美味しい料理があるとなお良いし


心地良い音楽があるとなお良いし



優しい笑いがあるとなお良いでしょう。




そんな場を創っていく人が



この町に一人ぐらいいてもいいのではないでしょうか?






わたくしはこの小さな仁尾町で



そんな人になりたいと




そう願い、腹に決め、行動していきます。








あなたの思う【楽しい】と



あの人の思う【楽しい】が出会い、結ばれた時




わたしの【楽しい】が生まれてくれるのです。
[PR]
by cafedeflots | 2016-06-21 09:50 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)

出会い、、、

あなたと出会うことができました。


あなたのお名前を知ることができました。


あなたのことを少し知れました。







あなたとお話をすることができました。


あなたの温度を知ることができました。


あなたの今を知ることができました。



あなたのこれからを少し知ることができました。








少し長くお話することができました。


あなたの過去を知れました。


あなたの色を知ることができました。



あなたを創ってきた出会いたちを知ることができました。







あなたの笑顔を創った喜びを知れました。



あなたの譲れない怒りを知れました。



あなたの優しい哀しみを知れました。



あなたの望む楽しみを知ることができました。









あなたの香りを感じることができました。




あなたの風を感じることができました。




あなたの光を感じることができました。








今日もまた違うあなたと出会えることになるのでしょう。







出会ってくれてありがとう。




これからも泣いて笑って、怒って笑って、悲しんで笑って、大笑いできるような



笑い率の高い関係でいましょうね。





b0160785_7423451.jpg

[PR]
by cafedeflots | 2016-06-03 07:48 | 浪越 弘行 とは | Comments(0)