人気ブログランキング |

仁尾町の海辺にあるcafe店主(復活しました)の日々の考えを発信しています。


by cafedeflots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昔の思い出を引っ張り出し・・・

僕の出身校は隣町にある「観音寺第一高等学校」といいます。

地元の人は観一(かんいち)と呼んでいます。

第68・69代の内閣総理大臣、大平正芳さんの母校でもあり、

優秀な先輩方、後輩たちがたくさんいらっしゃいます。





三豊市に住んでいる人間のイメージ(僕の周りの、かもしれませんが)では

「頭のいい人の行く高校」となっています。





地元の仲の良い連中はほぼほぼ、工業高校を受験したのですが


何を血迷ったか、そうあえて血迷ったと表現しましょう、

僕は観一を受験し、合格をしてしまいました。そう、してしまいましたと表現しましょう。






なぜ、受験したか、という記憶の引き出しを開けてみましたが

出てきません。何でなんだろう・・・


もちろん、成績はギリギリ、きわどいラインだったことは覚えています。


自信、、、もあったのかさえ覚えていないという・・・



そんな人間が「頭の良い学校」に入ったものだから後が大変ですよね。



・成績は常に下から数えた方が早い

・良い点数を取ろうという意識ではなく、いかに赤点を取らないようにするかを考える

・運動部も厳しさから耐えられず、一年の中頃には退部する

・バカをやっていた友達は周りにいない




こんな思い出しか出てこないですね(苦笑)




どちらかというと「劣等感」を育てていた、と表現してもいいかもしれません。



なんとかついていこう、ついていこう


そうすれば大学へ行け、就職ができる。


そんなことぐらいしか考えれていなかったような気がします。



もちろん、そんな僕ですから夢や大志を抱いているわけもなかったです。










これが僕の高校時代の思い出です!






















これで終わったら、気分が落ち込んだままの週末になりそうですね。



実は先日、観一の京阪神支部の同窓会の方からご連絡があり、

年に一度制作している「許鼇」(きょごう)の

【地域で頑張っています】に寄稿してくれないでしょうかという依頼がありました。










b0160785_9452250.jpg










恐れ多いです!!!!!!





そんな言葉しか出てきませんでした。


先ほど書いたような人間が、出て行く場ではないと。



そんなやり取りを電話でしていたのですが、お受けすることにしました。


今、軽く書きましたがだいぶ悩んだんですよ(笑)








今までの自分であればお断りしていたでしょう。



でも、あの頃よりは柔軟な考え方をできるようになっている自分は




そんな世間的には落ちこぼれていた自分が、地域で頑張っていると発信することができれば


同じような境遇の人間には何か響いてくれるものがあるかなぁという考えが湧いたからです。


届かないかもしれないけれど、可能性は0ではなくなります。



それであればこんな自分が書くことにも意味はあるでしょう。



そして、こうやって目に留めていただけたことに感謝し、



できる限りの想いを書けばそれでいいのかなと思いました。






えぇ、きっと固い文章ではなく、このblogの延長のようになる気はしますが、


精一杯考えたい、想いを込めさせていただきます。
























これは赤点ないですよね?(ビクビク)



自分のことを落ちこぼれと思っている君に届くと嬉しいな。
by cafedeflots | 2016-06-11 09:50 | 浪越 弘行 とは