白と黒

そんな風にくっきり別れていると物事もわかりやすいのですが。



どちらかといえば恣意的に判断することが多いように感じます。





ちょっと難しい言葉を使いたかっただけです。





おはようございます。


意外な方たちもこのBlogを見てくれていることが判明してきました。


なので身を引き締めて、ビシッと難しい言葉なんて使おうかなぁと


一瞬思いましたが、やはりいつもの浪越でいきます。






いつも読んでくれてありがとうございます。



いつでもコメントお待ちしています(笑)








さて、今日はHちゃんとのコメントのやり取りの中で出てきた言葉を書きたいと思います。



Hちゃん、いつもありがとう^^





何の疑問もなく、生きていけることは幸せである


何不自由なく生きていけるのは幸せである


安定の毎日で一生を終えるのは幸せである






この意見に賛成の方は



ここで読むのを終了して欲しいです。




語弊が生まれて、疑問が生まれちゃうと申し訳ないので。














大丈夫でしょうか?










こんなことを書くぐらいだから自分はそうじゃないと思っています。




疑問があるから新しい知へ喜びがあります


不自由があるから新しいものを創りだそうと試行錯誤できます


安定してないから安定の穏やかさを噛み締めれます





汚い、荒れたものを知っているから
     美しい、清々しいものに触れれます


黒い闇を知っているから
    明るい光を求めることができます



冷たい孤独を知っているからこそ 
     あたたかい人のぬくもりを感じることができます



死を考えるからこそ
     今ある生、瞬間を精一杯まっとうしよう、ってなります。







だから、一般的にマイナスと思われるようなことも


(自分の)人生には必要な要素であります。




だから落ち込む時はとことん落ち込んだりします。




消える手前まで考えたりもします。




でも、ぬくもりを知っているから踏み止めてくれます。




そうしたら次は上がるだけです。




いろんな感情を自分のものにして


繰り返す必要のないものを切り捨てていきながら


進んでいけばいいだけです。






弱い心、刹那的な感情に支配されそうな時は


過去の引き出しを開け、


必要な経験なのか、それとももう経験する必要のないものなのか







時代や国によって変わる「価値観」という言葉に疑問を持ちながら


様々な価値観を知り、選択し、行動へとつなげます。






今のところ「武士道」と「インディアンの考え方」に強く惹かれているのですが
この話は長くなりすぎるのでまたいつか。










なので嫌なこと、冷たいこと、汚いことなどのマイナスな感情に出会った時は


その表面を見るのではなく、

「なぜ自分は其処に嫌悪感を抱くのか?」を

冷静に記憶してみてはいかがでしょうか?




僕は、車の名前も芸能人の名前も記憶しようとしない代わりに


そういった感情を記憶することに力を注いでいるということに


気付けました。





b0160785_913913.jpg

こんな色の夕焼けにもグッときます













そんな自分だから遺せるもの。



きっとあると信じてみようと思います。
by cafedeflots | 2016-06-14 09:56 | 浪越 弘行 とは